King & Princeの日本語禁止料理バトルで絶望的な料理力が明らかに!?

公開: 更新:

3月13日に放送されたKing & Prince平野紫耀永瀬廉高橋海人岸優太神宮寺勇太)の成長バラエティ『King & Princeる。』(日本テレビ、毎週日曜14:15〜※関東ローカル)で、岸の“珍英語”が爆発した。

今回の企画は、日本語で書かれたレシピを岸が英語に翻訳し、高橋&永瀬チームと神宮寺&平野チームがそれを聞いて正しい料理を作れるかを競う「日本語禁止! English Cooking」。MCの劇団ひとりから英語力について尋ねられると、メンバー全員が「ソーソー」とあいまいな返事。今回の企画でキーとなる岸は「ちょっとですけど留学経験がある、ロサンゼルス」と期待を持たせたが、期間は「1週間」。ただの旅行だった。

先攻は高橋&永瀬チーム。お題は、韓国の巻き寿司・キンパ。工程1の「ほうれん草を1分茹でて水気を絞り、根元を切ってしょうゆ(少々)ごま油(少々)であえる」を岸は、30秒の制限時間内で1つも伝えられず。モニタリングしていた神宮寺は、「岸くん、ひどいな」と笑うしかなかった。

ピンチのときは1工程で1度だけ、岸の英語をもう一度聞ける「Againカード」や、岸に質問をしてYesかNoかの答えだけをもらえる「Yes Noカード」が使えるルールに、永瀬はさっそくAgainカードを使用。これで「ほうれん草」を理解できたが、高橋が手にしたのは小松菜。さらに、沸騰した鍋に小松菜を入れ、そこにごま油としょうゆをドボドボ注ぐなど永瀬と高橋の料理力は絶望的。しかし2人は「スープ説もあるな」と言いながら調理を行っていく。

最終工程までに出そろった材料やかろうじて理解できた工程から、高橋は出来上がりを「たぶんだけどビビンバじゃない」と勘を働かせる。フライパンに材料をすべて入れて作った適当ビビンバを差し出し自信満々な2人に、スタッフが答えをキンパだと告げると、永瀬は、「それどこの食べ物だ?」と、そもそもキンパを知らない様子だった。

後攻は神宮寺&平野チーム。彼らは岸の英語を理解できたのか……。

次回は3月20日。理想のデート服をガチコーディネートする「おしゃKing & Prince選手権」が放送される。