清原果耶“花枝”の手術から2年後…間宮祥太朗“芦田”、菊池風磨“慎吾”それぞれの思い

木皿花枝(清原果耶)
木皿花枝(清原果耶)

清原果耶が主演を務め、岡田惠和がオリジナル脚本で描く火曜ドラマ『ファイトソング』(TBS系、毎週火曜22:00~)第9話が、3月8日に放送される。

夢破れたスポ根ヒロイン・木皿花枝(清原)、一発屋ミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)、万年片思いの一途な幼馴染・夏川慎吾(菊池風磨Sexy Zone)という、不器用な3人のじれったくて切ない恋と成長の物語を描く本作。

前回の放送では、花枝と芦田の恋の取り組みがついに終わりを迎えた。最終日に「お別れ会」をしようと2人きりで会うものの、別れることがどうしても嫌な芦田は「別れたくない」と花枝に本心を伝える。しかし、手術で聴力を失ってしまうかもしれない花枝は未練を残さないためにきっぱりとその申し出を拒否し、2人は本当に別れを迎える。“心を動かすため”に始めた取り組みだからこそ、別れがつらいことは取り組みが成功している証。しかし、花枝や芦田だけでなく、常に2人をそばで見守ってきた慎吾も、どこかもどかしい思いを抱えたままでいた。そして、いよいよ花枝の手術の日が訪れる――。

<第9話あらすじ>
木皿花枝(清原)と芦田春樹(間宮)の別れから2年が経過した。

聴神経腫瘍の手術を終えた花枝。花枝を思い、「ファイトソング」という新曲を完成させた芦田。そして、今までもこれからも花枝のそばにいると誓った夏川慎吾(菊池)。

2年の時を経た3人の現在は? そしてそれぞれの思いは……!? 物語は新たなステージへ。

PICK UP