大会最終日はカーリング日本女子が快挙に挑む『北京オリンピック』(2月20日)

公開:

2月20日(日)は熱い戦いが繰り広げられてきた『北京オリンピック』がフィナーレを迎える。

注目は午前10:05開始のカーリング女子決勝だ。日本は予選リーグを苦しみながらも4位で突破すると、準決勝では予選1位の強豪スイスを抜群のチームワークで退け、オリンピックの舞台で決勝に駒を進めるという快挙を成し遂げた。

その決勝の相手は、スキップのイブ・ミュアヘッドが率いるイギリスだ。しかも、この対戦カードは4年前の平昌オリンピック3位決定戦と同じカード。当時もミュアヘッドはスキップとしてプレーし、自分の最後の一投のミスで日本に銅メダルを献上しているだけに、この金メダルを懸けた試合に期する思いも強いはずだ。

予選リーグでは、日本はイギリスに2エンドを残してコンシードするという完敗を喫している。ただし、イギリス戦は日本が調子を落としていた時期にあり、準決勝のスイス戦では上がっているので、金メダルを懸けた戦いは最終エンドまでもつれ込む、手に汗握る展開となるだろう。激闘の先に待っているのは果たしてどのような結末なのか。是が非でも見届けたいところだ。

同じく午前中にはボブスレー男子4人乗りの3回戦と4回戦が行われ、メダルの行方が決定する。注目はソリ王国ドイツの帝王フランチェスコ・フリードリヒ操縦のドイツチーム。平昌で2人乗りと4人乗りで2冠のフリードリヒは、今大会も2人乗りで金メダル。この日は2大会連続の2冠を懸けて臨むことになる。目下、フリードリヒは2回戦を終えトップに立っているが、2位との差はわずか0.03秒。高速で滑り降り、100分の1秒を競う男たちの勝負は必見である。

この他、最終日にメダルを争うのはアルペンスキー混合団体、アイスホッケー男子、クロスカントリースキー女子30kmフリー。混合団体は前日に実施の予定だったが、天候の影響で今日に変更。15チームが参加しトーナメントでメダルが決定する。アイスホッケーは連覇を目指すROCと、2006年トリノ大会以来の金メダルを狙うフィンランドが対戦する

また、大会最終日にはフィギュアスケートのエキシビションが行われ、メダリストや招待された人気選手たちがリンクを彩る。採点競技の枠を超え、個性溢れる演技を氷上に表現するスタースケーターたちの共演はみどころ満載となるだろう。

閉会式は21:00から、北京国家体育場で行われる。91の国と地域から2900人が参加し、史上最多109種目が行われた北京オリンピックが幕を閉じる。

なお、民放テレビ局のオリンピック公式動画配信サイト「gorin.jp」および、民放公式テレビポータル「TVer」では、大会の模様をライブ&ハイライトで配信する。

■2月20日(日)主なライブ配信
・ボブスレー男子4人乗り 2日目 10:25 - 13:33
・クロスカントリー女子30kmフリー 11:50 - 14:13
・フィギュアスケートエキシビション 12:55 - 16:00
・アイスホッケー男子 決勝 フィンランド vs ROC 13:00 - 15:48

※ライブ配信予定は追加・変更になることがあります。随時更新されますので「gorin.jp」にて最新情報をご確認ください。

PICK UP