勝地涼、高橋文哉の仲良し動画が話題「単純にかわいい」

公開:

浜辺美波が主演を務めるドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第6話が、2月21日に放送。第6話で中心的な活躍をみせる1人が“少々イヤミな性格で、患者にも毒を吐く、プレイボーイな女好き”という、総合診断協議チーム(CDT)の中でも際立ってクセが強いキャラクターの皮膚科医・夏樹拓実。そんな夏樹を演じる勝地涼からコメントが到着した。

本ドラマは『金田一少年の事件簿』をはじめ、あまたのヒットドラマの原作を手掛けた樹林伸氏の小説が原作。豊富な医療知識がある正体不明の女性・雪村白夜(浜辺)が、医師たちの診断を「それ、誤診です!!」と覆して患者の命を救っていく、新感覚の医療ミステリードラマ。

先週放送された第5話では、CDTとAIとの診断対決が行われ、白夜は致死率100%と言われる驚きの病名診断を導き出し、死に直面する患者を懸命に救おうと奮闘。「私たちが必ずあなたを助けます」「私はもう誰も死なせたくありません」と、強い決意を口にするなど、白夜は、これまでになく内に秘めた感情や人間らしさを見せた。ネット上では、「感情が豊かになっていく白夜がかわいいしかっこいい!」「白夜ちゃんが日に日に成長していく姿に感動」との声があがった。

そして、第6話は、解散の危機に立たされているCDT内で、内紛が勃発する。夏樹がライバルJAMからスカウトを受けたことで、西島耕助(片桐仁)とケンカに。さらに、混迷するCDTは、これまでで最も難しい病名診断を迫られることになる。

第6話シーンカット
第6話シーンカット

<勝地涼 コメント>
――夏樹を演じていて思うことはなんですか?

夏樹のクセの強いキャラクターを2話でちゃんと描いてくださったので、それは自分的にはやりやすかったです。これくらいまでやっていいサジ加減がわかったというか。2話で、こういったキャラクターですよって伝えられたかなと思うので、それ以降は、やりすぎなくても十分伝わるなと思いました。そのバランスみたいなものは意識して演じています。あとは、現場にいるみんなが、それぞれ達者な方たちなので、変に自分がゴールを決めなくても、パスパスパスでつなげられるメンバーなので、すごくやりやすいです。

――主演の浜辺美波さんについて。

浜辺さんは、主演としてすごいなと感心させられる部分が多いです。まず、台詞が多く、医療用語、さらに白夜っぽくいうには、抑揚をつけずサラーと言わないといけない。単純に台詞が多いだけではない、一筋縄ではいかない台詞覚えになると思うんです。大変だとも言わずに、さらっと演じている姿を見ていて、みんなも引っ張られてる部分はあるかなと思います。疲れたという顔も一切見せずに、明るくいてくれるから、すごく元気をもらえます。

――研修医・佐久間役の高橋文哉さんとの仲の良いSNS動画が話題です。高橋さんご本人も、勝地さんに“高橋きゅん”と呼んでいただいたり、気にかけていただいてありがたいと話されていましたが、雰囲気作りとかを意識されてのことでしょうか?

単純に、“高橋きゅん”がかわいいからです(笑)。すごくかわいいですよね。とはいえ、ただ単にかわいがっているわけではなくて、彼の「これからやってやるぞ」っていう気概というか、そういったものを僕はすごく感じるんです。これは、本人には全く言ってないですけど、切り替えがちゃんとできる子で、流されていないというか。若くてかわいくて、キャピキャピしてるっていうよりは、ここでもっとこういう芝居をしたいとか、勝負したいというか、そういったものを感じるんです。なので、応援したくなりますね。

――第6話の見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします。

僕が演じる夏樹先生は、最初は、“こいつはチームの一員になれるのか?”というところから始まり、回を重ねるごとに少しずつ変わっていきます。表面的に見ると、言い回しが面白かったり、すごくキザでっていうのがありますけど、それだけではなく、夏樹は、自分が見たもの、信じたものは信じられるというか、素直さがある人だなと思います。白夜さんのすごさをみて、悔しいとかではなくて、自分が足りてない部分もあるなって、素直に認められる。夏樹先生の愛情表現は、わかりづらいですけど、実はめちゃくちゃピュアで、一回信頼したら筋を通すひと。そういったブレない魅力がより分かる回だと思いますので、ぜひご注目いただけたらと思います。

<第6話あらすじ>
ライバルであるAI診断チーム・JMAとの診断対決に勝利したものの、依然として解散の危機に立たされているCDT。万が一解散となれば院内にメンバーの居場所はなくなるため、チーム内には不穏な空気が漂う。そんななか、夏樹拓実(勝地)はJMAで心臓外科医として働く元同僚から、外科医としてまた一緒に働かないかと誘われる。時を同じくして、雪村白夜(浜辺)もJMA代表の藤島大器(安井順平)の自宅に招かれ、JMAへの移籍を持ちかけられる。同席した狩岡将貴(柄本佑)はその真意を聞き出そうとするが、次の瞬間、廊下に妹の晴汝(岡崎紗絵)の悲鳴が響き渡り、駆けつけると、藤島の息子・誠(青木凰)が階段から転落し、意識を失っていた。

誠はすぐさま病院に運び込まれるが、目を覚ますと、強打した頭部ではなく、腹部の激しい痛みを訴える。到着したJMAの医師が診断を急ぐなか、CDTも診断協議を始めるが、なぜか仙道直樹(高橋努)は姿を見せず、夏樹と西島耕助(片桐)も移籍をめぐって言い争いに。一方で、誠の症状は命に危険が及ぶまでに悪化。もはや一刻の猶予も許されないなか、CDTはチーム発足以来、最も難しい病名診断を迫られる!