王林の“青森愛”をインパルス板倉が危険視、数年後のレギュラー減を予想

公開:

オードリー春日俊彰が大将、若林正恭が常連客に扮した店で、訪れたゲストと本音トークを展開する『あちこちオードリー 〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系、毎週水曜23:06~)。2月9日の放送では、青森のアイドルグループ「りんご娘」のリーダー・王林の“絶望の兆し”が明らかとなった。

この日は若林が欠席となったため、もう一人の常連客・板倉俊之インパルス)が登場。前回の出演時にザ・マミィに対しおこなった「フレッシュな若手の絶望の兆しチェック」の第2弾として今回は王林をチェックする。王林とは初対面だという板倉は、王林の青森愛溢れるコメントから、早くも“絶望の兆し”を感じ取ったよう。「彼女壊れるね」とズバッと鋭い意見を飛ばし、その理由を「“青森を愛している”と言わないとヤバイという強迫観念」に縛られているとチェックする板倉。王林の将来も心配し、「数年後は『秘密のケンミンSHOW極』一本になってる」とレギュラー番組が限定されてしまう危険を指摘した。

また、板倉から「ハマっていることはなんですか?」という質問に対し、占いと幽体離脱と答えた王林。先ほど「彼女壊れるね」と言っていた板倉だが、この回答で「壊れてますね」と断定する。バラエティ用にトークを広げなければと用意した回答だと分析した板倉は、王林を“バラエティ病”だと言い、さらに、幽体離脱がウケなかった時用に「占い」というもう1つの保険を用意していたことも「ヤバイ」と指摘していた。

次回の放送は2月16日。「芸能界の参考書を作ろう!」と題した企画に、狩野英孝銀シャリ鰻和弘橋本直)が出演する。