松本潤“チカラ”、ソニン演じる孤独な妊婦が抱える問題に困惑!?

公開:

松本潤が主演を務める木曜ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第3話が、2月10日に放送される。

思いやりと人間愛だけは人一倍、だけど何をしても中途半端で半人前=中腰な男、中越チカラ(松本)が、同じマンションに住む住人たちの悩みを解決し、やがてそのマンションがひとつのコミュニティとなって強い繋がりを持っていく姿を描く社会派ホームドラマ。

前回第2話では、503号室の柏木清江(風吹ジュン)と孫の託也(なにわ男子長尾謙杜)が抱える問題に向き合うチカラの姿に、SNS上で「最高にエモい」「もらい泣きした」といったコメントが。また、チカラの過去も明かされ衝撃の声もあがっていた。

第3話では、303号室のマリア(ソニン)の話が描かれる。ある夜、マリアは「アブない男におそわれたので、かくまってほしい」と突然中越家へ。チカラと妻の灯(上戸彩)が部屋に招き入れたところに、「マリアの客だ」と名乗る男が乗り込んでくる。どうやらマリアは303号室でベトナム式のエステ店を営んでいるようで、男はそこを“いやらしいサービスをする店”と勘違いしてやってきた上、何もサービスされないことに逆上した様子。

灯の機転でどうにか男を追い払い、マリアの話を聞いたチカラは、彼女が外国人技能実習生として介護関係の会社に勤めていたものの、妊娠を理由に解雇されたことを知る。マリアから、「お腹の子供の父親でもあるその会社の課長は、子供が出来た途端会ってもくれなくなった」と聞き、灯は怒り心頭。「日本と日本の男性はいつからこんなに冷たくなったの?」という問いに、やっぱり中腰になってしまうチカラに、マリアは愛想を尽かし出ていってしまう。

どうにかマリアの力になってあげたいチカラだったが、あの夜以来“日本の男性代表”としてすっかりマリアには嫌われてしまったよう。そんな中、マリアが部屋の退去を命じられる。

お腹の子供のことも誰にも相談できず、部屋まで追い出されそうなマリアのために、子供の父親・芝田(渡辺大)に会ったチカラは、その最低とも言える物言いを目の当たりにしてしまう。「子供は堕ろす」と宣言するマリアに、チカラはどう声をかけてあげればいいかわからず……。

そして、謎に包まれた道尾頼子(松嶋菜々子)がついに動き出す!? 彼女が占いにハマる、その怪しい姿の真相とは――?

画像ギャラリー