向井理“黒崎”、婚活で変わりつつある姿に「めちゃくちゃ成長してる」

向井理“黒崎”、婚活で変わりつつある姿に「めちゃくちゃ成長してる」

向井理が主演を務める土曜ドラマ9『婚活探偵』(BSテレ東、毎週土曜21:00~)の第5話が、2月5日に放送。ネット上では、婚活中の探偵・黒崎竜司(向井)の奮闘ぶりを称えるコメントが多数寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、大門剛明の小説をドラマ化したハードボイルドラブコメディ。コワモテの愛煙家で探偵の黒崎が、探偵事務所に舞い込んでくる事件や調査を解決しながら、同時に婚活に励む姿がコミカルに描かれる。

黒崎は、母親が強引に設定した江田孝子(うらじぬの)とのお見合いを終えた翌日、結婚アドバイザーの城戸まどか(成海璃子)が紹介した高野絵摩(筧美和子)ともお見合いを行う。可愛くてスタイルの良い絵摩に惹かれた黒崎は、次のデートの約束を取り付けようとするが、間違えて孝子にメッセージを送付。偶然が重なり、同じ日に同じレストランで孝子と絵摩の2人とデートをすることになってしまう。

デート当日、途中で病院に入院している父親のために山梨へ帰った絵摩を見送る黒崎は、間を開けずに孝子ともデート。手作りクッキーを作ってきた孝子の健気さに心を揺さぶられる。後日、絵摩からお詫びにと山梨のウイスキーをプレゼントされた黒崎は、行きつけのバーで同じものを発見。バーテンダーの倉野梓紗(橋本マナミ)から、そのウイスキーは3日間しか販売されていないレアな一品だという説明を受けた黒崎は、日程の関係で絵摩には買えるはずのないものだったことを知る。

父親のエピソードも嘘だと確信した黒崎は、絵摩に「遊び半分で婚活をしているのなら、早くやめたほうがいい」と告げ、交際が終わったことを報告しようと結婚相談所を訪問。そこで、城戸が別の担当客から追い詰められている場面に遭遇してしまう。城戸の危機を救った黒崎だったが、その直後に城戸から「私、この結婚相談所を辞めようと思います」と聞かされる。「成婚まで導くことができなくて、すみません」と謝られた黒崎は、逆に自分の不甲斐なさを責め、城戸から受けた恩に報いるためにあることを決意する。

婚活のために自分を変えようと努力し続ける黒崎に、ネット上では「めちゃくちゃ成長してる」「いろいろ変わってきたと思う」「がんばれ」「黒さん幸せになってー」などの声が上がっていた。

次回最終話は、2月12日に放送。黒崎の探偵事務所に城戸が依頼人としてやってくる。

画像ギャラリー