『おいハンサム!!』第2話配信再生数が『その女、ジルバ』超えを達成!

伊藤源太郎(吉田鋼太郎)
伊藤源太郎(吉田鋼太郎)

吉田鋼太郎が主演を務める土ドラ『おいハンサム!!』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第4話が、1月29日に放送される。1月15日に放送された第2話の見逃し配信の再生回数が、1週間(1月16日~1月22日)で約95万再生(FOD、TVerの合計値)を記録。土ドラの最高記録だった『その女、ジルバ』第6話の約83万再生を塗り替えるなど、ますます注目が集まっている。

本作は、恋×家族×ゴハンをテーマにしたコメディドラマ。漫画家・伊藤理佐の「おいピータン!!」シリーズを原作として、男を見る目がないのが唯一の共通点である三姉妹、由香(木南晴夏)・里香(佐久間由衣)・美香(武田玲奈)のために、頑固親父・伊藤源太郎(吉田)が立ち上がる様を描く。

1月22日に放送された第3話では、源太郎は恋に悩む由香に「貝を買いなさい」とアドバイス。由香は言われた通り、アワビを買い大事に料理して食べたところ、仕事相手の青山(奥野壮)から食事に誘われる。一方、美香は運命の出会いをした大倉学(高杉真宙)から「今夜、泊ってもいいですか?」と聞かれ喜ぶが、学のある行動に違和感を覚えて……。

<第4話あらすじ>
たまたま昔の恋人の近況を知った伊藤源太郎(吉田)は、酔って思い出の歌「五番街のマリーへ」を口ずさんだところを妻・千鶴(MEGUMI)に聞かれてしまう。

里香(佐久間由衣)は夫・大輔(桐山漣)の浮気を確信する
里香(佐久間由衣)は夫・大輔(桐山漣)の浮気を確信する

長女・由香(木南)は年下イケメンの青山(奥野)から唐突な告白、さらに元カレから十年ぶりに唐突な電話などモテ期到来。すると、大森利夫(浜野謙太)は由香を痛烈に批判する。次女・里香(佐久間)は夫・浅利大輔(桐山漣)の浮気がほぼクロと確定し再び実家・伊藤家へ戻る。三女・美香(武田)は、大倉学(高杉)との厳しめのデートや偶然知った会社の先輩・シイナ(野波麻帆)の秘密に動揺の日々。

三姉妹のモヤモヤや苛立ちは、父・源太郎の「五番街のマリーへ」への思いに一斉に向けられる。

PICK UP