少年忍者・織山尚大、人生初リポートに「初々しくて可愛い」

少年忍者・織山尚大、人生初リポートに「初々しくて可愛い」

少年忍者ジャニーズJr.織山尚大が、1月25日に放送された『レべチな人、見つけた』(テレビ東京系、毎週火曜23:06〜)に出演し、人生初リポートに挑戦した。放送後、SNS上では、「初リポートお疲れ様」「初々しくて可愛い」といった声で盛り上がっていた。

同番組は、“世の中に1%くらいしかいないだろう!”という“レベチな人”を探し出し、MCのビートたけし国分太一TOKIO)にプレゼンテーションするバラエティ。

今回、織山が訪ねたのは、パリ五輪正式種目・ブレイキンで日本代表候補と言われている半井さん。織山自身もダンスが得意で、故・ジャニー 喜多川さんからは「早く世界に出て活動したほうがいい」と言われたことがあるほど、そのスキルはお墨付き。

半井さんは普段会社員で、営業の仕事をしながらパリ五輪を目指しているという。練習前の食事は、同僚が作ってくれるスムージーで、練習場所も社内のスペース、と聞いた織山は、会社のバックアップ体制に驚いていた。

早速ウォーミングアップする半井さんの姿に、織山は「すげぇ! こんな安定してフリーズできるんですか!?」と釘付けとなり、「少年忍者の敗北を感じました」とその凄さを表現。

他のダンスに比べてアクロバティックな動きが多いブレイクダンス。近年はブレイキンと呼ばれるバトル競技に進化しており、パリ五輪の正式種目に決定しているのだ。そんな織山も、小学5年生から少しブレイキンを習っているということで、半井さんに技を教えてもらい果敢に挑戦していた。

放送後SNS上では、「半井さんの活躍が楽しみ」「織山くん表情が可愛かった」「織山くんのダンスもレベチですね」「忍者のコンサートでも披露してほしい」といった声が。また、エンディングの「TVer・Paravi配信中」のアナウンス部分で織山が投げキッスを決めポーズにしていたことから「受け止めました」「大サービスすぎる」「激レアショット」といった声で盛り上がっていた。

次回は、2月1日に放送。日本で2人しかいない小学生で気象予報士になったという、現在中学1年生の男の子に密着する。

PICK UP