勝地涼演じるクセが強すぎる皮膚科医が話題「病院は牛丼屋ですよ~」

勝地涼演じるクセが強すぎる皮膚科医が話題「病院は牛丼屋ですよ~」

浜辺美波が主演を務めるドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第2話が、1月24日に放送。ネット上では、皮膚科医・夏樹拓実(勝地涼)のクセが強すぎるキャラクターが話題になっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

本ドラマは『金田一少年の事件簿』をはじめ、あまたのヒットドラマの原作を手掛けた樹林伸氏の小説が原作。豊富な医療知識がある正体不明の女性・白夜が、医師たちの診断を「それ、誤診です!!」と覆して患者の命を救っていく、新感覚の医療ミステリードラマ。

狩岡将貴(柄本佑)、雪村白夜(浜辺美波)、猪岡晴汝(岡崎紗絵)
狩岡将貴(柄本佑)、雪村白夜(浜辺美波)、猪岡晴汝(岡崎紗絵)

狩岡将貴(柄本佑)と妹の晴汝(岡崎紗絵)は、晴汝の退院のお礼も兼ねて、白夜にフルーツサンドをプレゼントする。白夜は口いっぱいにサンドを頬張り「おいしいです」と笑顔を見せた。彼女の自然な表情を見て驚く2人。「笑顔の練習をしたのでやってみました」と言う白夜に、晴汝​​は、“ここぞ”というときに笑顔をするのが良いと教えた。

翌日、診断に特化した総合診断協議チーム(CDT)が発足。白夜もそこで働くことになったが、メンバーは白夜、内科医の高森麻里亜(瀧本美織)、精神科医の西島耕助​​(片桐仁)、白夜のサポートで入った将貴​​のみで、各科のメンバーが必要だった。

雪村白夜(浜辺美波)
雪村白夜(浜辺美波)

そこで、心臓外科の経験もある皮膚科医・夏樹に白羽の矢が立つが、麻里亜は、嫌みったらしく、プライドの高い彼を​​苦手としていた。仕方なく夏樹にお願いに行くと、彼は研修医の佐久間新平(高橋文哉)に、回転率の重要性を説いていた。麻里亜が「病院は牛丼屋じゃないんです」と苦言を述べても、独特な言い回しで「患者は早い安いうまいを求めている。病院は牛丼屋ですよ〜」と言い返された。

その頃、白夜は夏樹が細菌感染症と診断した患者に接触。夏樹から「私の患者さんに何か用かな?」と問われると、“ここぞ”の笑顔で「それ、誤診です」とぶつけた。しかし夏樹は頑なに自分の診断を翻さない。その後、患者が足の激痛を訴え、職場で倒れてしまい……。

雪村白夜(浜辺美波)、猪岡将貴(柄本佑)
雪村白夜(浜辺美波)、猪岡将貴(柄本佑)

ネット上では、白夜の笑顔を浮かべながらの「誤診です」に、「最強すぎる」「可愛い」「神ってる」​​の声が。また、キャラの濃い夏樹には「クセあっていい」「めっちゃいいキャラ」​​とのコメントがあった。

次回第3話は1月31日に放送。病院に白夜の保護者を名乗る女性がやってくる。​​