横浜流星“瀬能”と中村アン“隆子”が急接近!?「LOVEありそう」

操作に励むDCUメンバー
操作に励むDCUメンバー

阿部寛が主演を務める日曜劇場『DCU』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第2話が、1月23日に放送。横浜流星演じる瀬能陽生と、中村アン演じる成合隆子の関係にネット上では、「イイ感じ」「気になる」などの声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたオリジナルドラマ。海上保安庁に新設されたスペシャル集団が“水中未解決事件を解明すること”をミッションに、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫る。

第2話では、石川県・北能登の港で変死体が見つかり、DCUは地元刑事の坂東秀喜(梶原善)と連携して捜査を開始する。遺体は密漁と戦う地元のリーダー・島田龍平(須田邦裕)のもので、現場に駆けつけた市議会議員の岡部正三(古田敦也)は「犯人は外国の密漁者に違いありません」と新名に告げる。港には日本とロシアの共同で水産物の研究所を建てる計画があり、ロシア政府高官による視察が行われる5日後までの解決を命じられる。

岡部正三(古田敦也)
岡部正三(古田敦也)

新名たちは、島田の下で働いていたロドリゴ・サンチェス(フェルナンデス直行)という技能実習生に聞き込みを行う。その過程でサンチェスが何かを隠していると睨んだ新名は、瀬能に坂東と共にサンチェスを張り込むよう命令する。

そんな中、子供が海に落ちて溺れる事故が発生。現場に居合わせた瀬能はサンチェスと協力して子供を助ける。

瀬能陽生(横浜流星)、新名正義(阿部寛)
瀬能陽生(横浜流星)、新名正義(阿部寛)

子供を助けるためにケガをして入院したサンチェスを見舞った新名は、サンチェスが口をつぐんでいたのは、島田と共に育てていたアワビを守るためだったことを知る。しかし、サンチェスの自宅から島田の財布が見つかり、逮捕されてしまう。財布を見つけたのは瀬能だったが、「サンチェスは犯人じゃない」と主張。サンチェスが検察へ移送される前に真相を究明するため、新名は瀬能と捜査を急ぐのだった。

そんな新名と瀬能のコンビに、ネット上では「バディ感最高」「なんだかんだと仲いいよね」「新名隊長と瀬能のバディいい!」などの声が上がっていた。

また、リブリーザー試験に挑む隆子の訓練に付き合う瀬能の姿に、「隆子さんと瀬能くんイイ感じ」「距離がぐっと近づいててドキドキ」「LOVEありそうだなぁ」などのコメントが寄せられた。

次回第3話は、1月30日に放送。隆子のミスにより、サンチェスが島田のスマホを持って失踪してしまう。