有吉弘行、元自衛隊芸人・やす子の射撃テクニックにビックリ

有吉弘行、元自衛隊芸人・やす子の射撃テクニックにビックリ
最新エピソードを無料視聴

有吉弘行が冠MCを務める『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(TBS系、毎週金曜24:20〜 ※一部地域を除く)が、1月21日に放送。元自衛隊芸人・やす子が、サバゲー好きの間で人気の競技「アクションシューティング」に挑戦し、その腕前に有吉が「すごいよ!」と目を丸くする一幕があった。

障害物を避け、指定されたターゲットをどれだけ速く撃てるかを競う「アクションシューティング」。自分の記録を追求するため楽しさにハマる人が多く、参加者の中には警察官や自衛隊員もいるという。渋谷区のシューティングレンジを訪れたやす子は、自衛隊でも実際に使用されているという89式小銃を見つけ、「懐かしいな〜」と興奮。競技用のエアガンをその場で購入するほどの積極さでシューティングに臨む。

初心者は30秒以上、ノーマルで20〜29秒、19秒以上はベテランというタイム基準のコースでやす子は21秒のタイムを記録。「センスあるかもしれないです〜!」と喜ぶが、その後のチェックで弾が当たっていないことが発覚。ペナルティを加算された結果、36秒と初心者クラスの成績になってしまう。

「理想はペナルティを入れて20秒を切ること」と、インストラクターの男性。やす子は空いた時間を見つけて自主練に励み、水の入ったコップで動きながらの照準合わせを養っていく。テスト当日、やす子は13秒とトップクラスのタイムを記録。ペナルティもなく、大会でも上位を狙える成績を叩き出す。

その後、スタジオでやす子がシューティングを実演し、17秒のタイムを記録。俊敏かつ着実に決めていく射撃テクニックを目の当たりにし、有吉は「すごいよ! 早い!」と目を丸くして驚いていた。

次回1月28日の放送では、薄幸納言)が、どんなペットでも一瞬で眠らせる魔法のマッサージを体験する。

PICK UP