佐藤健、親友ノブとの謎解きゲームラスト5分で華麗な逆転劇!

佐藤健、親友ノブとの謎解きゲームラスト5分で華麗な逆転劇!

芸能界随一の謎解きマニアの佐藤健と、親友の千鳥ノブがタッグを結成した特番『佐藤健&千鳥ノブよ!この謎を解いてみろ!』(TBS系)第3弾が、1月17日に放送された。SNS上では佐藤が見せた逆転劇に「最高にカッコ良かった」などの反響が寄せられた。

佐藤&ノブコンビと共に脱出ゲームをしているようなワクワク感と、謎解きをクリアする達成感を味わえると話題を集めた人気謎解き特番の第3弾。今回は西野七瀬せいや霜降り明星)、狩野英孝井之脇海と共に謎解きを行った。

1stステージとして目隠しをされた佐藤とノブの二人が連れていかれたのは、「ハテナ島」。謎解きゲームに参加させる敵対組織「秘密結社Q」によって鎖につながれた佐藤を、謎解きで南京錠の番号を当てノブが救出するところからスタート。その後も、ハテナ島に点在するゲームの参加メンバーを謎解きで続々と救出していく。

佐藤健、ノブ
佐藤健、ノブ

最終ステージとなる3rdステージの舞台は、秘密結社Qの住処「森の廃墟」。廃墟には1階、2階合わせて11の部屋があり、脱出のためには一度部屋に入って謎解きでロックを解除しなければならない。メンバーは「脱出ゲーム」「鬼ごっこ」「かくれんぼ」という3つのゲームを通して、12番目の部屋であるボスの居所を突き止めるが、ラストゲームは佐藤とボスの直接対決による「すごろく」だとボスに告げられる。

ルールを説明されたあと、作戦タイムとして10分を与えられたメンバーは、より確実に勝つ方法を考察。これまでのゲームから各部屋が12星座のいずれかに対応しているとヒントを与えられた一同は、12番目の部屋であるボスの部屋はてんびん座の部屋だと意見を一致させる。答えを決めて佐藤は一人、ボスの部屋に向かった。しかし、いざボスと対面すると「5分与える、考えろ」と言われ、その答えが間違っていることを察知。12番目の部屋がてんびん座だと思い込んでいた考えを改め、たったの5分で自ら答えを突き止めてボスに勝つという逆転劇を見せた。

SNS上では、ラストの謎解きに「最高にカッコ良かった」「あっという間の3時間」「めちゃめちゃ楽しかった」「ボスとの対決、ドキドキした」などの反響が寄せられた。

画像ギャラリー