早乙女太一“駆”と佐野岳“井崎”の殺陣に「目が追いつかない」

早乙女太一“駆”と佐野岳“井崎”の殺陣に「目が追いつかない」

早乙女太一が主演を務めるドラマ『封刃師』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:25~)の第1話が、1月16日に放送。早乙女らのアクションに、ネット上では「美しい」「最高」などの声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

“早乙女太一の殺陣”をテーマに、劇団☆新感線の座付き作家・中島かずきが脚本を書き下ろしたオリジナルアクションドラマ。人の心の闇が作り出す“穢刃”と、その穢刃を封印する“封刃師”の闘いを描く。

都内の公園で建設会社の部長・岡江尚(山崎潤)の遺体が発見された。刺し傷はあるものの出血の跡がなく、刑事の吉原光宏(テイ龍進)は、後輩の内藤逸雄(野川慧)に「俺達の担当する案件じゃねえ」と告げる。現場に駆けつけたタブロイド誌の若手記者・三條美緒(深川麻衣)は、運ばれる遺体から立ち上る“黒い灰”を目撃。しかし、吉原たちにその黒い灰は見えていなかった。さらに、吉原は現場にいた御沙神駆(早乙女)と五百津翔(遠藤雄弥)に事件を引き継ぎ、立ち去ってしまう。

取材を進める美緒は、被害者の勤務していた会社で駆たちと再会。駆からは「黒い灰が見えたらとにかく逃げろ。生きていたかったらな」と忠告される。そんな中、岡江と同じ会社の課長・脇坂駿(中村祐志)が何者かに殺される。美緒は、脇坂の部下である井崎一臣(佐野岳)にアポを取り、話を聞くことに。

資材置場の倉庫に呼び出された美緒は、井崎が岡江と脇坂に恨みを抱いていたことを知る。黒い灰が舞う中で、井崎は謎の刀を取り出し、「これで人生が変わった。ずっと我慢しかしていなかったけど、この刀があればなんでもできる」と美緒に襲いかかってくる。間一髪のところで美緒を助けたのは、駆だった。刀の鞘を掲げた駆は「お前の心の底に潜む穢がその刃を生んだ。今その穢、封印してやる」と井崎に立ち向かっていく。

第1話のクライマックスとなる早乙女と佐野のアクションにはネット上でも反響が続出。「めちゃくちゃかっこいい!」「目が追いつかない」「殺陣のシーンは何回でも見れる」「心鷲掴みにされた~」「恐ろしく美しい」「映し方最高!」などのコメントが寄せられた。

次回第2話は、1月22日(テレビ朝日)と1月23日(ABCテレビ)に放送。駆と井崎の闘いを目撃した美緒は、編集長の村井寛春(矢柴俊博)に報告して記事にしようとするが、何者かの圧力で揉み消されてしまう。