間宮祥太朗が突然の告白⁉進む三角関係『ファイトソング』

清原果耶演じる木皿花枝
清原果耶演じる木皿花枝

清原果耶が主演を務め、岡田惠和がオリジナル脚本で描く火曜ドラマ『ファイトソング』(TBS系、毎週火曜22:00~)第2話が、1月18日に放送される。

間宮祥太朗演じる芦田春樹
間宮祥太朗演じる芦田春樹

夢破れたスポ根ヒロイン・木皿花枝(清原)、一発屋ミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)、万年片思いの一途な幼馴染・夏川慎吾(菊池風磨Sexy Zone)という、不器用な3人のじれったくて切ない恋と成長の物語を描く。

第1話では、児童養護施設で育ち、空手の日本代表をめざしていた花枝(清原)が突然の事故により夢を絶たれてしまう。全てを失い無気力な毎日を送っていたところ、幼馴染の慎吾が経営するハウスクリーニングでアルバイトすることになるが訪問先で大失敗をしてしまう。ネット上ではそんなやる気のない花枝を優しくも厳しい言葉で励ます慎吾が話題に。「爆萌え」「絶対好きになっちゃうよ~」といった声が寄せられた。

<第2話あらすじ>

ずっと聴いていた“勝負曲”の作者・芦田春樹(間宮)の家にハウスクリーニングで派遣され、運命的な出会いをした木皿花枝(清原)。そこで芦田から飛び出したのは「俺と付き合ってくれない……?」という衝撃的な言葉。出会いの感動も束の間、花枝はあまりに突然の申し出に大混乱し、場は微妙な雰囲気になってしまう。

菊池風磨演じる夏川慎吾
菊池風磨演じる夏川慎吾

花枝から話を聞かされた、児童養護施設あさひ園の施設長・磯辺直美(稲森いずみ)は、「運命の人なんじゃないの?」と興味津々。その言葉を否定しながらも、どこか嬉しそうな花枝。そんな姿を見て、夏川慎吾(菊池)はモヤモヤするばかりだった。

その頃芦田は、花枝に突然告白したことを猛反省していた。どうにかしてもう一度会って謝ろうと考え、思い切って再びサンシャインクリーニングに清掃を依頼する。しかし、家にやってきたのは花枝ではなく慎吾で……。