成田凌“藤木”、音楽を聴きながらの大手術シーンに「斬新」「色気がある」

成田凌“藤木”、音楽を聴きながらの大手術シーンに「斬新」「色気がある」

成田凌が主演を務める土曜ドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第1話が、1月15日に放送。ネット上では、斬新な手術シーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

恋人殺しの濡れ衣を着せられ、地位も名前も捨てて逃亡を続ける天才外科医・藤木圭介(逃亡時の偽名:鳴海健介/成田)。極限の逃亡生活の中で遭遇する「彼にしか救けられない患者」たち。追手が迫り来る中、それでも彼は目の前の命に手を差し伸べる、誰も見たことのない“サバイバル・ドクター・エンターテインメント”。

恋人の研究医・八神妙子(桜庭ななみ)を病院の屋上から突き落として殺害した、という無実の罪を着せられた藤木は、全国指名手配され、逃亡を図った。一方、妙子の兄で元自衛官の八神拓郎(松岡昌宏)は、警察署に乗り込み、被疑者が藤木であることを確認。愛する妹を殺された復讐をするため、単独で藤木を追いかける!

そのころ、藤木は事件の重要人物に会うため、海洋観測船へアルバイトとして搭乗。先輩観測員の沢井美香子(森七菜)​​と出会う。彼女は、指名手配犯のチラシを見て、藤木が殺人事件の容疑者であることに気づくが、犯人ではないと信じることに。

美香子が船上で腕を負傷。このままでは腕を切断しなければならない。道具が少ない中、藤木は手術を決断する。手術前、藤木がカセットウォークマンを取り出すと、意識もうろうの美香子が何に使うのか質問。藤木は「僕、基本的には天才なんだけど、オペの時間配分だけ、ややアレなんで。その都度、オペのテンポと展開に合わせて曲に誘導してもらっているんです」と答えた。その通り、藤木は音楽を聴きながらオペを行った。

手術終了後、藤木は拓郎​​と対峙。妹を殺したのだと信じてやまない彼に、藤木は「この件には何か大きな力が関わっている」と訴える。暴力を受けながらもなんとか逃げ出すが……。

一方、バイオベンチャー企業の天才研究者・佐々木世志郎(安田顕)も藤木を追っていた。恐怖で震える部下の幹こずえ(堺小春)​​に「泣かないでよ。泣いたらすするからね」と忠告。それでも涙を流すと、佐々木は彼女のメガネを外して涙をすすった。

ネット上では、藤木の手術シーンに「色気があってカッコいい」「斬新」との声が。謎の人物・佐々木の涙すすりには「インパクトあった」「ぶっとんでてイイ」​​とのコメントがあった。

1月22日に放送。雪山で滑落した​​藤木は、少年・健太(白髭善)に発見される。

PICK UP