ADが集う「夢の国」とは?テレビ制作の裏側がアニメ化

ADが集う「夢の国」とは?テレビ制作の裏側がアニメ化

テレビ制作の裏側を描いたアニメ『オンエアできない!』(BSテレ東、毎週日曜25:05~/テレビ東京、毎週月曜26:30~)の第2話が、1月16日にBSテレ東にて、1月17日にテレビ東京にて放送される。

同アニメは、現役のテレビマン・真船佳奈の人気コミックエッセイ「オンエアできない!」「オンエアできない!Deep」(朝日新聞出版刊)が原作で、「東京はじっこテレビジョン」に入社した新人ADまふねこ(大地葉)が主人公。夢と希望を持って仕事を始めたものの謎すぎる業務と謎すぎるギョーカイ人に翻弄されていくことに……。川島明麒麟)がナレーションを務める。

第1話で、まふねこは念願叶ってADに。ある日、敏腕ディレクター鬼河原(間宮康弘)から、ロケで使うどんぐり600個の手配を頼まれたことを、ロケ前日に思い出し!?

<第2話あらすじ>
外資系の会社の取材映像を見ていたまふねこ(大地)は、ふと気づく。「あれ!? もしかして、うちの会社のフツーって、フツーじゃない!?」

テープや番組の小道具などがあふれかえったデスクに、フロアにはなんと犬まで出没する日も!

そんな制作局にADが集う「夢の国」があると知ったまふねこが、覗いてみると……。

PICK UP