深水元基“林”が消される!?婚約者が慌てて連絡するが…

深水元基“林”が消される!?婚約者が慌てて連絡するが…

西島秀俊が主演を務める『真犯人フラグ 真相編』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第11話が、1月9日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、企画・原案の秋元康と『あなたの番です』制作スタッフが手掛ける完全オリジナル新作ミステリー。

前回特別編では、日野渉(迫田孝也)の店「至上の時」に、『あなたの番です』キウンクエ蔵前​​に住む、久住譲(袴田吉彦)、シンイー(金澤美穂)、尾野幹葉(奈緒)、藤井淳史(片桐仁)、赤池美里(峯村リエ)、遅れて榎本​​早苗(木村多江)と正志(阪田マサノブ)​​​​がやってきて、炊飯器失踪事件について振り返り始め……。SNS上では、これまで視聴者が考察してきた数々の“可能性”に触れる内容に、「メタ的に否定された」「負けずに考察で犯人当てたい」「可能性が消えた」​​とのコメントがあった。

<第11話あらすじ>
相良篤斗(小林優仁)の病院の前で報道陣に取り囲まれる相良凌介(西島)は突如、阿久津浩二(渋川清彦)らに任意同行を求められて警察へ。連行される容疑者のような凌介の姿が中継され、二宮瑞穂(芳根京子)、橘一星(佐野勇斗)、河村俊夫(田中哲司)は衝撃を受ける。凌介の襲撃に失敗したバタコ(木幡由実/香里奈)は、じっと病院を見上げる。

凌介は連日、阿久津と落合和哉 (吉田健悟)から事情聴取を受ける。しかし、凌介は篤斗から犯人と名指しされたことが信じられないでいた。阿久津は、相良光莉(原菜乃華)の監禁動画に映っていた椅子が、凌介が過去に購入したものと同じだという事実を突き付けるが……。

凌介は、篤斗の病院へ向かった。しかし、病室の前には警察官が見張っていて、参考人である凌介を被害者の篤斗に会わせるわけにはいかないと止められる。それでも病室に入ろうとする凌介だったが、館野志乃生(丘みつ子)と館野三郎(浜田晃)に制止される。

そんな中、凌介は会社から呼び出される。会社では、太田黒芳春(正名僕蔵)や支社長、本社社員たちが待ち受けていた。凌介の件で株価が下がり、会社は危機的状況になっていた。凌介は本社社員から、退職するようにと圧力をかけられる。

「至上の時」に集まった瑞穂、一星、河村。日野渉 (迫田)が凌介を心配する中、作戦会議では、林洋一(深水元基)の行方を捜すことで意見が一致。一星は、SNSを通じて林が逃亡に使っている赤いスポーツカーの情報を集める。河村は、等々力建材と住愛ホームが関わる贈収賄疑惑を記事にすると言う。アリバイが証明されれば、林が動く可能性があるからだ。

週刊誌「週刊追求」の記事が出て、等々力茉莉奈(林田岬優)は慌てて林に連絡。茉莉奈は、等々力幸造 (長谷川公彦)が林を消そうとするかもしれないと恐れていた。そんな茉莉奈に会いに行く瑞穂。一方、焦りが頂点に達した林は「やっぱ、あいつ殺すか……」とつぶやく。

事情聴取をすべて終えた凌介は、篤斗の病院を訪ねる。篤斗は話すことができない状態だったが、少しずつ回復していた。凌介の姿を見た篤斗の反応は……!?

追い詰められた林がとった行動とは? さらに、光莉が涙ながらに衝撃の告白をする。