高月彩良『必殺仕事人』で岸優太&西畑大吾の幼なじみを熱演

高月彩良『必殺仕事人』で岸優太&西畑大吾の幼なじみを熱演

東山紀之主演による時代劇シリーズの最新作『必殺仕事人』(ABC・テレビ朝日系)が、1月9日(日)21時から放送される。

本作は、東山をはじめ、松岡昌宏TOKIO)、知念侑李Hey!Say!JUMP)、和久井映見遠藤憲一ら仕事人たちが、世にはびこる悪をスカッと成敗する痛快エンターテインメント時代劇。1972年に『必殺仕掛人』としてスタートして50年目、2007年に東山の主演で“必殺シリーズ”として復活して以来、2022年で15年目に突入する。今作には、岸優太King & Prince)と西畑大吾なにわ男子)、高月彩良も出演する。

<あらすじ>
本町奉行所では、やる気のない見廻り同心・渡辺小五郎(東山)を見かねた上司の増村倫太郎(生瀬勝久)が、正義感の強い明神、亥ノ吉(岸)を岡っ引きとして採用する。その仕事ぶりを絶賛する増村だが、亥ノ吉が町娘に悪さをしようとした男・岸田藤十郎(木村了)を連行して来た途端、顔色を変えて大慌て。なんとこの藤十郎は勘定奉行・岸田重右衛門(金田明夫)の息子で、奉行所で手出しできる人物ではなかったのだ。後日、悠々と町を歩く藤十郎の姿を目撃した亥ノ吉は文句を言いに奉行所に乗り込むが、相手にされず憤慨する。

そんなある日、一晩で世の悪事を暴いた絵を描いて去っていく謎の絵師が出現。次々と悪事が明らかになり、大喜びした人々から「晩来(ばんくる)」と呼ばれることになったこの絵師は、江戸の町で一躍時の人となる。すると晩来に影響を受けた若者たちが「世直し組」を結成、亥ノ吉に取り仕切ってほしいと頼みに来る。

実はこの晩来は、奉行所が権力に屈するのを不満に思う亥ノ吉が、絵師の弟・才三(西畑)とともに正義を実現するために企てた“世直し”の手段。亥ノ吉は才三の存在を隠したまま、世直し組の頭になる決意を固める。さらに奉行所を見限った亥ノ吉は、岡っ引きを辞めて世直し組の活動にのめり込んでいく――。

亥ノ吉と才三、2人の幼なじみの芸者・美代(高月)を幼い頃から世話してきた団子屋の夫婦・たね(杉田かおる)と吉蔵(小林隆)は、世直し組の成敗がエスカレートしていくことを危惧する。

一方、弟のようにかわいがっている絵師・才三と組んで仕事をすることになった経師屋の涼次(松岡)は、世間を騒がせている晩来の絵のタッチが気に掛かっていた。また、そばの屋台を開いた瓦屋の陣八郎(遠藤)は、手伝ってくれることになったリュウ(知念)と悪戦苦闘。唯一の常連客で、ほのかに思いを寄せる美代の助言に従い人が大勢集まる晩来の絵のそばに店を出すことにするのだが……!?

そんな中、花御殿のお菊(和久井)に呼び出され、アジトに集合した小五郎ら仕事人たちは、権力を振りかざして息子・藤十郎の悪事をもみ消す重右衛門に、隠された一面があることを知る。

権力に屈するしかない世の常、根も葉もないうわさが人々を扇動する恐怖、そして暴走する正義――。仕事人たちが“真の世直し”のため、悪党たちに立ち向かう!