“キング”沢村一樹、事件の黒幕“ジョーカー”に迫る!

“キング”沢村一樹、事件の黒幕“ジョーカー”に迫る!

沢村一樹がいまだかつて見たことのない新たな刑事役に挑むドラマスペシャル『管理官キング』(テレビ朝日系)が、1月6日(木)20時から放送される。

沢村演じる警視庁捜査一課の管理官・王賀統一(おうが・とういち)は、バツグンの捜査能力を誇る一方、協調性がなく、周囲の意見に耳を貸さずに我を押し通すことから、警視庁内では“キング”と揶揄されている人物。そんな王賀が、部下の刑事・二瓶次郎(大倉孝二)や美山千秋(成海璃子)をこれでもかと振り回し、事件の捜査に臨む。

今回、王賀のアンテナに引っ掛かったのは、研修医・平山優太(岡田健史)がテラスから海に転落したという事故。現場検証や、関係者への聞き込みであっさり事故として幕引き……となるのだが、わずかな引っ掛かりを覚えた王賀は殺人未遂事件を疑い、上司の制止を振り切って捜査を始める。王賀の意見に半信半疑の二瓶や千秋だが、事件を決定づける証拠が見つかって……!?

しかし、意識不明の重体から回復した優太は、あくまで「酔っ払って自分で海に落ちた」と言い張る。腑に落ちない王賀が執念の捜査を続ける中、優太が所属していたゴルフ部OBが立て続けに襲われるなど、事態は一変! 連続殺人事件の様相を呈し始める。

さらに王賀は、一連の不可解な事件の背後には“ジョーカー”と呼ぶべき最大の黒幕がいると確信。はたして、“キング”王賀を待ち受ける衝撃の真相とは?

また、本作のもう一つの見どころといえるのが、常に我が道を行く王賀と、彼の唯一の弱点といえる息子・宝生瑛人(中村蒼)の関係。仕事最優先で母に苦労を掛けっぱなしだった王賀に不満をもっている瑛人は、母亡き後、母方の姓を名乗るようになったほど、親子関係がこじれている。

事件の捜査に没頭する王賀と、尊敬する母と同じ弁護士の道を歩み始めた瑛人――まともに口すらきかなくなって久しい2人だが、今回の事件に瑛人が巻き込まれてしまい……?

事件の黒幕“ジョーカー”を推理するミステリー部分はもちろんのこと、親子の葛藤や家族の絆を描き出す人間ドラマとしての側面にも注目だ。

<あらすじ>
海沿いのレストランに有名高校ゴルフ部のOBが集まり、定年を迎える顧問の送別会を開催する中、出席者のひとりで研修医・平山優太(岡田)がテラスから海に転落してしまう。

通報を受け、警視庁捜査一課2係の刑事・二瓶次郎(大倉)と美山千秋(成海)が転落現場に臨場すると、優太は一緒に送別会に出席していた医者の友人の的確な処置で一命をとりとめたものの意識不明の重体だということがわかる。出席者の証言や防犯カメラの映像から事件性がなく事故という結論になり、捜査員が引き上げて行く中、遅れて現れたのは管理官・王賀統一(沢村)。黙々と現場を観察した王賀は、これは事故ではないと密かに確信する。捜査員たちの間に転落事故で事件は幕引き……という空気が流れる中、王賀は殺人未遂の可能性を視野に独断で捜査を開始。王賀は周りの意見に一切耳を貸さず我を押し通すため、陰で“キング”と揶揄されている変わり者なのだ――!

上司の指示に逆らった王賀が、二瓶と千秋を道連れに捜査を続ける中、優太の意識が戻る。あくまで「酔っ払って自分で海に落ちた」と言い張る優太だが、なぜか腑に落ちない王賀は、鑑識の七瀬香織(国仲涼子)を呼び出し、現場を再検証。すると事故ではなく事件性を裏付ける決定的な証拠が見つかる。

そんな中、高校時代、優しくていつも穏やかな優太が唯一もめていたという女子生徒・奥村葵(川島鈴遥)の存在が急浮上。王賀は千秋に葵のことを調べるよう指示する。連日、王賀に振り回されて不満タラタラの千秋だが、恋人で弁護士の宝生瑛人(中村)から調査を手伝うと提案される。しかし、そんなある日、千秋のスマホに葵の捜索をやめるよう脅迫メールが届く。

さらに、その後も立て続けに優太の同級生が襲われる事件が発生。これはゴルフ部OBを狙った連続殺人事件ではないか――そう考えた王賀らは、関係者への聞き込みを続けるのだが……?

捜査を進めるうちに、王賀は次々と発生する不可解な事件の背後には“ジョーカー”と呼ぶべき大きな黒幕がいると確信する。はたして、“キング”王賀を待ち受ける衝撃の真相とは――!?