西島秀俊“炊飯器旦那”と家族失踪事件を追う…TVerで『真犯人フラグ』を振り返り!

西島秀俊“炊飯器旦那”と家族失踪事件を追う…TVerで『真犯人フラグ』を振り返り!

西島秀俊が主演を務める『真犯人フラグ』(日本テレビ系、毎週日曜22:30から放送中)が、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」にて期間限定で配信されている。

現在TVerでは12月10日より「TVerフェス!WINTER2021」と題し、放送局の壁を超え、100本以上のタイトルが集結した「冬の贅沢ドラマ100本」に加え、「高畑充希ドラマ特集」「浜辺美波ドラマ特集」「バラエティ傑作選」「人気10番組スピンオフ特集」「アニメ大特集」など、各ジャンルから選りすぐりの約200タイトルを強力ラインナップ。すべて無料で楽しむことができる。

同番組は、企画・原案の秋元康と『あなたの番です』制作スタッフが手掛ける、2021年10月・2022年1月期2クール連続の完全オリジナル新作ミステリー。

相良凌介(西島)は家族と幸せな生活を送っていた。そんなある日、​​妻・真帆(宮沢りえ)​​、娘・光莉(原菜乃華)、​​息子・篤斗(小林優仁)の3人が謎を残したまま行方不明に……。炊飯器は炊いたまま、防犯カメラに残った家族の痕跡、一体3人はどこへ?

週刊誌の記者・河村俊夫​​(田中哲司)​​の提案で記事にしてもらったものの、凌介が失踪当日にパーティをしている写真がSNSにアップされ、非難の声が殺到。この事件に乗っかったYouTuber・ぷろびん(柄本時生)の煽りもあって、悲劇の夫から一転して凌介=犯人説が浮上する。凌介は、家族の行方を探すべく、部下の二宮瑞穂(芳根京子)​​や橘​​一星(佐野勇斗)​​の力を借りていくが……。

『真犯人フラグ』の魅力のひとつは、登場人物とともに事件を追える点にある。張り巡らされた伏線、本木陽香(生駒里奈)、木幡由実こと“バタコ”(香里奈)​​、強羅誠(上島竜兵)といった​正体不明のキャラ、毎話謎を残すラスト……と、SNS上でも考察合戦が繰り広げられており、いまだ解決にいたっていない。これから、どんな展開が待ち受けているのか? さまざまな点に着目するとより楽しめるだろう。

1月9日からは『真犯人フラグ 真相編』がスタート。本作を見て復習しておくことをおすすめする。