500万円で身長を10cm伸ばした男性がその整形法を告白

500万円で身長を10cm伸ばした男性がその整形法を告白
最新エピソードを無料視聴

ネプチューン名倉潤次長課長河本準一らがMCを務める『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:00~)が、12月23日に放送。この日は「人生が180度変わった人SP」と題し、500万円かけて10cm身長を伸ばした男性がその整形方法を語った。

現在、30歳で身長が177cmあるという男性は、イリザロフ手術(別名:骨延長手術)を28歳のときに受けて、167cmから10cm身長を伸ばしたと明かす。

イリザロフ手術とは、骨折が治るときの自然治癒力のメカニズムを利用して骨を修復・延長する手術のことで、まず足の骨を人工的に折り、外側に固定器をつけて骨を固定。骨を少しずつ伸ばしていき新しい骨ができるのを待つ方法だという。

男性は手術により太腿の骨を5cm、脛の骨を5cm伸ばし、現在は痛みや違和感はないと話す。手術はアメリカや韓国、日本でもできるが、費用が高いため、男性はアルメニア共和国に5か月間滞在し、手術費、宿泊費、食費込みで500万円で実施したと吐露。医師とは英語でコミュニケーションが取れるため、そこまで困難はなかったと打ち明けた。

身長に悩んでいたわけではないが、「より理想の自分に近づきたい」「もっとモテたい」というきっかけで手術に至ったと男性。職業は美容皮膚科の医師で、手術費用は2年間働いて貯めた。最後に、身長を伸ばしてモテるようになったかを尋ねられると、「そうですね。景色も変わりますね。表参道とか歩くのはやっぱり楽しですよ」と語った。

次回は2022年1月6日に放送。「ココだけの話大暴露SP」と題し、ひろゆき宮崎謙介がゲスト出演する。