「漫才は人間性が出たら勝ち」錦鯉優勝にやすとも「これ行ったな」

「漫才は人間性が出たら勝ち」錦鯉優勝にやすとも「これ行ったな」
最新エピソードを無料視聴

12月23日に放送された『やすとものいたって真剣です』(ABCテレビ、毎週木曜23:17~)は「M-1戦士お疲れさまSP」。第17代王者となった錦鯉長谷川雅紀渡辺隆)がストイックにネタと向かい合っていたことが、ファイナリストの証言によって明らかになった。

今回の収録は、『M-1グランプリ2021』決勝戦(12月19日)の翌日にファイナリストのインディアンス田渕章裕きむ)、ゆにばーすはら川瀬名人)、モグライダー芝大輔ともしげ)、ランジャタイ伊藤幸司国崎和也)、敗者復活戦で敗れた見取り図盛山晋太郎リリー)、ニューヨーク嶋佐和也屋敷裕政)を緊急招集。秘蔵映像の公開とともに、裏側が明かされた。

ランジャタイは、敗者コメントのブースに審査員のオール巨人オール阪神・巨人)の特大パネル2体を持ち込んだことでも話題に。国崎は、事前に直筆で「等身大パネル5体とルームシェアさせていただいてます」などと書いた手紙と菓子折りを送っていたことを明かし、律儀な人柄をのぞかせた。

最年長王者となった錦鯉に関して、モグライダーの芝は「お父さんが運動会出てるみたいな」と表現。ゆにばーすの川瀬は「自分らのライブにユウキロックさん(※『M-1グランプリ2001』準優勝コンビの元ハリガネロック)を呼んで、ダメ出ししてもらってました」と、ともしげは「ハリウッドザコシショウさんとバイきんぐさんにもネタ見せして、アドバイスもらって。『いろいろな人で(ネタを)作った』って言ってました」と、決勝初進出となった昨年からの努力を明かした。

司会の海原やすよ ともこ海原やすよ海原ともこ)は、イチ視聴者としてテレビを見ながらLINEで対話。「これ、行ったな」と送ったやすよに対して、ともこも「錦鯉さん、行ったな」と同意見だったという。やすよは、「漫才って人間性が出たら勝ちかな」と締めた。

次回は、2022年1月6日に放送される。