原田知世“トウコ”の漫画家時代の過去が明らかに『スナック キズツキ』最終話

原田知世“トウコ”の漫画家時代の過去が明らかに『スナック キズツキ』最終話

原田知世が主演を務めるドラマ24『スナック キズツキ』(テレビ東京系、毎週金曜24:15~)の最終話が、12月24日に放送される。

原作は、女性を中心に幅広い支持を得ており、最近では「僕の姉ちゃん」のドラマ化でも話題になった漫画家・益田ミリによる同名コミック。主演の原田は、傷ついた人がたどり着くちょっと変わったお店“スナックキズツキ”の店主トウコを演じる。共演者として成海璃子平岩紙塚地武雅小関裕太徳永えり西田尚美丘みつ子堀内敬子吉柳咲良八嶋智人浜野謙太らが出演。今日もまた、トウコの不思議な癒しの力で、誰かの心が救われる。

第11話では、いつも配達に来ているこぐま屋さん(浜野)が、客として来店。若い人ばかりのお笑い養成所、相方ともコンビ解消……傷ついている彼は、トウコと漫才をし始め!?

<最終話あらすじ>
スナックには「本日休みます。」の張り紙。店主・トウコ(原田)は法事のため実家に帰っている。思い出の場所と共に、亡き父のことや夢半ばで諦めた漫画家時代に思いを馳せる……。

スナックキズツキの今日のお客さんは、まさかのトウコ自身。

偶然居合わせたこぐま屋さん(浜野)にオムライスを振る舞い、自分やお客さんの日々のモヤモヤを音楽に乗せてデュエットする。

PICK UP