t.A.T.u.レーナ、“ドタキャン騒動”に「Gomenasai」で謝罪

t.A.T.u.レーナ、“ドタキャン騒動”に「Gomenasai」で謝罪

t.A.T.u.のレーナ・カティーナが、12月15日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、毎週水曜21:00~)に出演。日本のテレビには16年ぶりの出演となる彼女が、あのドタキャン騒動の真相を語った。

同番組は、ある共通点を持ったゲストをあらゆる角度から比較し、それをもとにMCのフットボールアワー後藤輝基チュートリアル徳井義実SHELLY指原莉乃がトークを繰り広げる。今回は「酒が止まらない女たち」と題し、大迫あゆみ久保純子長野智子、レーナがリモートで集結した。

レーナは、現地時間朝6時のロシア・モスクワからリモート出演。早朝の出演を徳井が気遣うと「日本のためなら何でもするわよ」と答える。

番組では、2000年代に来日したt.A.T.u.の自由奔放な過去映像をまとめて紹介。指原が「日本で思い出に残っている場所はあったりしますか?」と尋ねると、「築地のすしざんまいが好きよ」と返答。その後もいくつか質問を重ねた末、後藤が「何であの歌番組のドタキャンがあったんでしょう?」と核心に迫る。

それに対しレーナは、「まずは私たちが若かったこと。当時のプロデューサーの命令だったわ」と、大人のイメージ作りの戦略で、挑発的な演出をしていたと告白。その後、謝罪の意味も込めて「Gomenasai」という楽曲を出したことを明かした。

t.A.T.u.は現在解散中だが、「来年の春にコンサートを計画している」とレーナ。後藤が「日本が歌番組にオファーしたらドタキャンせずに出演しますか?」と尋ねると、「もちろんよ!」と笑顔を見せた。

次回12月22日は「クリスマス超豪華2時間スペシャル!」と題し放送。「ディズニー映画」そして「韓流アイドルや韓国グルメ」を愛するゲストが出演する。

PICK UP