道枝駿佑&目黒蓮の“キュン”総まとめに「永久保存」の声

井田浩介(目黒蓮)、青木想太(道枝駿佑)
井田浩介(目黒蓮)、青木想太(道枝駿佑)

道枝駿佑なにわ男子)と目黒蓮Snow Man)がW主演を務めるドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)。12月4日は、これまでの「キュン」なシーンを集めた特別編が放送された。(以下、ネタバレが含まれます)。

現在「別冊マーガレット」(集英社)で好評連載中のアルコが作画、ひねくれ渡が原作を担当する同名漫画をドラマ化した本作。クラスメイトの橋下さん(福本莉子)に片思い中の男子高校生・青木想太(道枝)が、ひょんな事から硬派な男子・井田浩介(目黒)に恋していると勘違いされてしまい、さらに本当に井田のことが気になり始めるという異色の初恋ラブコメディ。

橋下さん(福本莉子)
橋下さん(福本莉子)

今回の放送では、これから最終章に突入する本作の、これまでのストーリーを総ざらい。また、未公開シーンや道枝と目黒のインタビューも公開された。「井田ポン」や手を繋ぐシーンなど様々な“キュン”が生まれ、視聴者を悶絶させているのだが、道枝と目黒にもキュンとしたシーンを直撃。道枝は3話の勉強会のシーンを挙げ、「好きな人の顔が近いと、こんなにもキュンとするんだなって。すごくドキッとしましたね」と自身もドキドキしたことを告白。目黒は5話の青木が井田に告白するシーンを選び、「“す”から先がなかなか言えない青木がすごくかわいらしかった」と明かした。

SNS上では、演じている2人について「キャラクターと同様、キュンとしてるの嬉しい」「インタビューまであって本当に特別編」「これは永久保存」「井田ポンの詰め合わせ最高」といった感想が寄せられていた。

次回、第9話は12月11日に放送。青木と井田は初めてのデートに出かける。