山田裕貴、学生時代の恋人との初キス話「チューがいいです」

山田裕貴、学生時代の恋人との初キス話「チューがいいです」

山田裕貴が、12月4日に放送された『人生最高レストラン』(TBS系、毎週土曜23:30~)に出演。過去の淡い恋愛エピソードを披露した。

中学生の頃に、2~3年かけて5回くらい告白するほど好きな人がいたという山田は、制服の第2ボタンをその相手にあげるために死守。友達のサポートもあり、卒業時に第2ボタンを渡すことができたという。

こうして高校生になった山田は、その人と付き合うことに。しかし、奥手だったそうで、手をつなぐのに4か月かかってしまったことを打ち明けた。それでも、誕生日プレゼントを聞かれた際には「チューがいいです」とリクエスト。山田は「相手のお家の玄関前で、別れ際に“誕生日欲しいものなんて言ってた?”って聞かれて、“チュー”って言ったら、その場でチューってされました」と詳細を語っていた。

MCの加藤浩次は「すげーいい子じゃないの!」と絶賛。しかし、相手からは「友達にしか思えない」と言われ、クリスマスを前にフラられてしまったのだとか。山田は、フラれたのは自分に積極性が無かったからだと反省。また、加藤からキスの頻度を聞かれた山田は「会ったら1回頑張るみたいな」と振り返って、出演者を笑わせていた。

あきれる加藤に、山田は「だって少年漫画しか見てなかったから!」と弁明。加藤も「そういうことだよなぁ!」と同調し、「山田くんの人となりが分かりましたよ」と納得していた。

そんな山田の“恋バナ”に、ネット上では「奥手で可愛い」「素直でいい子」「最高だよ」「ロマンティック」などのコメントが寄せられた。

次回12月11日の放送は、ゲストに小澤征悦が登場する。

PICK UP