高田夏帆“凛子”、戸塚祥太“上坂”との楽しい思い出が頭をよぎり…

雨樹凛子(高田夏帆)
雨樹凛子(高田夏帆)

高田夏帆戸塚祥太A.B.C-Z)がW主演を務めるドラマイズム『凛子さんはシてみたい』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜24:58~)の最終話(第8話)が、12月7日に放送される。

本作は「めちゃコミック」でランキング1位を獲得し、累計1100万ダウンロードを突破している、オトナ女子必見の藤田みおによる大人気同名コミックが原作。「性体験がない」という同じコンプレックスを抱えた男女が、“脱・未体験パートナー協定”を結んだことからはじまる、“オトナのうぶキュン”ラブストーリー。

先週放送された第7話では、上坂弦(戸塚)目線でのストーリーが展開。ネット上では「愛おしすぎる」「超満足」「内容が濃すぎる」との声が。また、雨樹凛子(高田)が上坂に別れを告げたラストシーンには「切なすぎる」「辛い」といったコメントが寄せられた。

<最終話あらすじ>
「緋山(余一・猪塚健太)と付き合うことになった」と上坂弦(戸塚)に告白した雨樹凛子(高田)。中途半端な関係を絶ち、緋山との思い出で火曜日を更新していく! と意気込んでいたが、頭をよぎるのは上坂と過ごした楽しい時間……。

雨樹凛子(高田夏帆)は緋山余一(猪塚健太)との交際をスタートさせるが…
雨樹凛子(高田夏帆)は緋山余一(猪塚健太)との交際をスタートさせるが…

一方、久地直(飯島寛騎)からバーに呼ばれた上坂は、そこで飯野志保(筧美和子)に会い、あることを打ち明けられる。そして、式場では支配人からの提案で模擬挙式を行うことになり、なんと凛子と上坂が新郎新婦の役をすることに。また、木場園子(ゆん)に改めて緋山を紹介する凛子は、偶然志保に会ってしまい……。クライマックスに向かって揺れ動く恋模様。凛子の、最後のピースをはめるのはいったい!?

上坂弦(戸塚祥太)
上坂弦(戸塚祥太)

画像ギャラリー

PICK UP