杉野遥亮“森生”​、小関裕太​​“緋山”にヤキモチを焼く姿に「可愛い」

杉野遥亮“森生”​、小関裕太​​“緋山”にヤキモチを焼く姿に「可愛い」

杉咲花が主演を務める水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が、12月1日に放送。ネット上では、ヤキモチを焼く黒川森生(杉野遥亮)に「可愛い」との反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、勝ち気だが恋には臆病な盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、喧嘩っ早いが純粋なヤンキーの森生、運命の2人による笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディ。

盲学校の就職支援の講師として緋山翔太(小関裕太)​​が現れた。彼はユキコの初恋の相手らしい。金沢獅子王(鈴木伸之)から「(初恋は実らないと言われるが)実らない恋ほど強く残る」と言われた森生はドギマギ。ネットで「初恋 忘れられない」と検索して頭を抱えるほどだった。

地域で行われるクリスマスマーケットに橙野茜(ファーストサマーウイカ)の店が出店するという話に。そこで、緋山、緋山に背中を押されたユキコ、森生たちも手伝うことになったのだが、高スペックの緋山に対し、自分のいいところを見せられない森生に焦りが……。

帰り道。「ユキコさん寒くないですか? 手冷たかったら俺温められますけど」と声をかけた。すると、森生は彼女の手を握り、自分のポケットへ。嬉しそうにする森生だったが、すぐに緋山の車がやってきて手が離れた。結局、2人は送ってもらうことになった。

クリスマスマーケット当日でも、まざまざとできる男っぷりを見せられる森生。しかも、緋山もユキコのことを思っているらしく、恋の宣戦布告をされてしまう!

ユキコは進路に悩んでいた。食に関連する仕事に就きたいと思うも、どこか後ろ向き。しかし森生は「やればいいじゃないですか」とごく当たり前のことのように語りかける。「ユキコさんならできますよ。だってユキコさんはどんどん新しい道を切り開く人じゃないですか」。彼のまっすぐな言葉に、ユキコは希望を見出す。

後日、どうしても緋山のことが頭から離れない森生は、ユキコの役に立てるように車の免許をとったり、デートの場所をリサーチしたりと“できる男”になろうと画策。しかしユキコは、森生がいてくれたからこそ道が開けたとし「私のために変わろうとか、そんなこと思わないでほしい。だって、私は今の黒川が好きなんだもん」と伝えた。

ネット上では、森生の嫉妬や手繋ぎシーンに「ヤキモチやいてる森生可愛い」「キュンとする」の声。ユキコの言葉には「最上級の告白」「泣ける」とのコメントがあった。

次回は12月8日に放送。森生に正社員になるチャンスが訪れるが、赴任先は鹿児島で……。