坂口健太郎“百瀬”、汗だくパジャマ着替えに「母性本能くすぐられる」

坂口健太郎“百瀬”、汗だくパジャマ着替えに「母性本能くすぐられる」

清野菜名坂口健太郎が偽装夫婦を演じる火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系、毎週火曜22:00~)の​​第​​5話が、11月16日に放送。ネット上では、熱を出したあとの百瀬柊(坂口)の行動に「可愛い​​」と反応するコメントがあった(以下、ネタバレが含まれます)。

原作は、有生青春の同名漫画。とある理由から偽装結婚をすることになった、大加戸明葉(清野)と百瀬が織りなす不意キュン・ラブコメディ。

百瀬美晴(倉科カナ)、百瀬柊(坂口健太郎)
百瀬美晴(倉科カナ)、百瀬柊(坂口健太郎)

美晴(倉科カナ)が離婚届を置いて、夫・旭(前野朋哉)の元から姿を消した。彼女は理想の家族を作るために旭と結婚している……。好きで一緒になったわけではないのだ。百瀬はそんな美晴の考えに納得した上で「美晴にはいつも笑顔でいてほしい。それだけです」と明葉にこぼす。明葉は、改めて自分の気持ちが届いていないと感じ、ショックを受けた。

百瀬が美晴を不動産屋の前で発見。美晴の意思は固く、夫とは会わないつもりらしい。旭への気持ちが分からなくなり離婚を決意した美晴は、今後一人で暮らしていくという。百瀬の提案もあって、部屋が見つかるまでの間、百瀬家に居候させることに。

夫婦を演じるため、百瀬と明葉は一つのベッドで眠ることになったが、明葉は気が気でない。百瀬は「“気持ちが分からない”って好きじゃないってことですよね。美晴は兄と結婚してから、ずっと幸せじゃなかったのでしょうか? 僕が見てきた美晴の笑顔は、本当の笑顔じゃなかったのかな」とつぶやく。背を向けた明葉は同調するしかなかった。

百瀬柊(坂口健太郎)、大加戸明葉(清野菜名)
百瀬柊(坂口健太郎)、大加戸明葉(清野菜名)

そんな中、百瀬が高熱を出して寝こんでしまった。明葉は汗だくになった彼に、飲み物とクローゼットから着替えを渡す。その場で着替えることに恥ずかしがりながら、スピーディに着替えた百瀬。汗だくになったパジャマは布団で隠したが、明葉に回収され「恐縮です」と頭を下げた。

百瀬は、兄たちの結婚式の前日もストレスで熱を出したという。離婚してほしくない気持ちと、自分が幸せにしたい気持ちで揺れ動く彼を見て、明葉は失恋に似た気持ちを感じる。百瀬への気持ちが止まらず、彼が書いた離婚届を手に「あーあ。もう終わっちゃうんだ。あんなに離婚したかったのに……」と一人で涙した。

ネット上では、ストローが刺さったペットボトルを飲んだり、着替える際に裸がチラリと映ったりするなど、熱で寝こむ百瀬に反響が。「熱出ていてもかわいい」「全ての行動が可愛い」「サービスショット」「母性本能くすぐられる」とのコメントがあった。

次回第6話は11月23日に放送。百瀬と一緒にいたい明葉は、偽装夫婦という関係を死守​​しようとする。

画像ギャラリー