笠松将“まなぶ”が逮捕!松井愛莉“仁美”の決断は?

「夢から覚めた」とプロポーズを断る仁美(松井愛莉)
「夢から覚めた」とプロポーズを断る仁美(松井愛莉)

松井愛莉が主演を務めるオリジナルドラマ『エロい彼氏が私を魅わす』が、FODで配信中。最終話の第8話では、松井演じる“お嬢様”の境野仁美が下した決断と、その結末が描かれた。

本作は、これまで数々のヒット作を世に送り出し、FODでも『パパ活』『彼氏をローンで買いました』『百合だのかんだの』などの話題作を生み出してきた野島伸司が脚本を手掛ける恋愛ドラマ。セクシィ男子とエリート男子の間で揺れ動く結婚間近の女性が、周囲を巻き込みながら、本当の愛を見つけるために奮闘する。

一目惚れから始まった仁美と甲斐まなぶ(笠松将)の関係も終わりに近づいていた。仁美はスーツ姿で実家にやって来たまなぶのプロポーズを断ってしまう。「片思いだから盛り上がっていただけとわかったの。束の間の片思い。夢から覚めたわ」と告げ、予定通りエリート証券マンの明石圭吾(結木滉星)と結婚することを伝える。

仁美(松井愛莉)への思いを馳せるまなぶ(笠松将)
仁美(松井愛莉)への思いを馳せるまなぶ(笠松将)

マリッジブルーになっていた自分の目を覚まさせるために、まなぶが芝居を打ってくれたという仁美の意見に、母の万里子(国生さゆり)と姉の瑠璃(菅野莉央)も賛同。しかし、圭吾は「本当に両思いだと考えたことはないの?」と仁美に問いかけ、その根拠として、一緒にラブホテルに行ってもまなぶが仁美に手を出さなかったことを指摘。「男は一夜限りのリスクは負わない。大切に思う女性なら」という圭吾の言葉で、まなぶのプロポーズが本気だったと気づいた仁美は、圭吾と共にまなぶの働く工事現場へ謝罪に行く。しかし、まなぶからは「失せろ。お前らそんなに偉いのかよ」と追い返されてしまう。

2人の終局を車から眺めてニヤリと笑う圭吾は、さらにまなぶの元恋人で浮気相手の椎野麻衣(萩原みのり)から、浮気の証拠映像が収められたDVDも回収。その場にいたまなぶから「幸せになりたい女につけこむ悪人」だと言われても、平然と「仁美は必ず僕と結婚する」と主張する。そして、まなぶは圭吾の罠にはまり、脅迫容疑で警察に逮捕されてしまう。

仁美(松井愛莉)はまなぶ(笠松将)との思い出をふりかえる
仁美(松井愛莉)はまなぶ(笠松将)との思い出をふりかえる

まなぶの逮捕を知った仁美は、圭吾に告訴を取り下げるようお願いし、誰にも心を寄せずに貞淑な妻になるという条件をのむ。それぞれの日常に戻っていった仁美とまなぶは、これまでの2人の思い出を振り返っていた。結婚式当日、ウェディングドレス姿の仁美は、控室で母と姉から本当の愛についての話を聞かされる。「そんなこと今さら言わないで」と戸惑う仁美の前に現れた新郎は、圭吾ではなく、まなぶだった。全てを理解し、笑顔を見せる仁美。事情が飲み込めない父に、万里子は「女3人、私たちが子宮で出した答えなのよ」と言い放つのだった。

仁美が直感で惚れたまなぶと結婚し、圭吾と麻衣の関係も解消。四角関係の決着がつき、ネット上では「ハッピーエンドで嬉しい」「めちゃめちゃ面白かった」「かけあいもっと見たい」などの声が上がっていた。

PICK UP