テレ東新ドラマの“予算削減演出”が斬新!SNSで「面白すぎる」の声

テレ東新ドラマの“予算削減演出”が斬新!SNSで「面白すぎる」の声

鈴木ゆうか小宮璃央がW主演を務める水ドラ25『JKからやり直すシルバープラン』(テレビ東京系、毎週水曜24:10~)が11月10日からスタート。「キャスト・スタッフ一同の老後資金を守るべく」と予算を削減するための演出が組み込まれており、SNS上で「面白すぎる」との声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、キルタイムコミュニケーション刊行の累計30万部越えの大人気コミックが原作。傲慢なお嬢様・二ノ宮小百合(鈴木)が「シルバープラン」に則って、“やりすぎた過去を反省し、自分を律するために高校時代からやり直す”という新しい切り口のタイムリープ作品。

親の財力と自らの美貌でわがままし放題の高校生だった小百合だが、バブル崩壊と共に華やかな日々は終わり。30年後、小百合は中年ホームレスに落ちぶれ、ホームレス狩りに遭い死んでしまう。ブラックアウトした後に目を覚ますと、そこは高校。小百合は17歳の高校時代にタイムリープしてしまっていた。

しかし、やりたい放題だった過去は変えられない。傍若無人な振る舞いで、学校中の生徒から嫌われ、距離を置かれる小百合。おにぎりをぶつけられるのだが、食べるのにも苦労していた頃を思い出し「そんな生き方してたら後悔するよ」と説教。「まずはお前が(生き方を)直せよ」と言われてしまうのだが、それに対し小百合は「今日からシルバープランをやり直します!」と宣言するのだった。

本編に入る前「このドラマは、キャスト・スタッフ一同の老後資金を守るべく、精いっぱい制作費を抑えてお送りします」というテロップが出されたのだが、作中、小百合の母親が声のみ出演だったり、全員分の上履きが用意されていなかったりと、何かと“予算削減”をアピールするシーンが多数登場。SNS上では「予算削減演出が面白すぎるw」「斬新なアイデアが良い」「予算削減なら仕方ない」など、これまでにない演出に好評の声があがっていた。

次回、第2話は11月17日に放送。「シルバープラン」1つ目の“人脈を作る”べく、小百合は尾上慎二(小宮)に声を掛けるが……。