噛まれても感染しない…玉山鉄二、宗教団体教祖役で出演『君と世界が終わる日に』Season3

噛まれても感染しない…玉山鉄二、宗教団体教祖役で出演『君と世界が終わる日に』Season3

生きる屍=ゴーレムに占拠された死と隣り合わせの“終末世界”を舞台に、主人公・間宮響(竹内涼真)と恋人・小笠原来美(中条あやみ)らが、生き残りを懸けた闘いに身を投じる極限のゾンビサバイバル『君と世界が終わる日に』。Season1、2に続き、シリーズ最狂となるSeason3が2022年2月25日(金)からHuluで独占配信される。そして、このほど、Season3から新たに、玉山鉄二桜井日奈子須賀健太和田正人大西武志吉田ウーロン太水石亜飛夢店長松本ら、新キャスト8名が出演することがわかった。

Season3では、Season2で登場した謎の集団“X”に加え、ゴーレムの惨禍で、新しい世界の創設を目的とする宗教団体「光の紋章」が現れる。来美を探す旅の中で響がたどり着いたのが、その「光の紋章」の聖地=サリート。「光の紋章」の教祖・ワンティーティを演じるのは玉山。教祖は、信者たちの信頼も厚く、響たちのように外から来た人間たちにも救いの手を差し伸べる。さらには、響が目撃した教団のある儀式で、彼はゴーレムに襲われるが、なんと噛まれても感染しないという信じられない姿を見せる。ゴーレムウイルスに感染した来美を助ける方法がここに――? 玉山演じる教祖・ワンティーティは、この終末世界で、響の、そして人類の救世主となり得るのか? 

竹内演じる響と結月(横溝菜帆)が、来美を探す旅の中で出会う女性・宮木伊織(みやぎ・いおり)役に桜井、伊織の恋人の梶浦哲夫(かじうら・てつお)役に和田、感染症を専門にした研究機関で働いていた元大学院生・室田シンジ(むろた・しんじ)役に須賀らが参戦、このサバイバル禍に身を投じていく。

さらに、教祖の右腕となる教団の師長・永瀬克彦(ながせ・かつひこ)役に大西、教団の武装リーダー・長谷川洋(はせがわ・ひろし)役に店長松本、響たちを支えてくれる信者・井手弘之(いで・ひろゆき)役に吉田、謎の集団“X”のリーダー的存在・イナバ役として水石も出演。Season1、2を生き抜き強く逞しくなったレギュラーメンバーに、個性溢れる新キャストが加わり、激化するゴーレムの惨禍で追い詰められた人間たちの壮絶な闘いと濃密なドラマが繰り広げられていく。

生き残るため、愛する人を守るため、人は何を手に入れ、失うのか。教祖・ワンティーティは救世主となり、「光の紋章」は新世界を創設できるのか。ゴーレム化が進む来美、響との子供は生きているのか? 謎の集団“X”との関係は? 響と来美、2人の究極の愛が行きつく先とは――?

<玉山鉄二 コメント>
この度、『君と世界が終わる日に』という、大変好評なドラマに自分が参加出来る事に、今から期待と緊張感をもち、これから始まる撮影を楽しみしております。若いチームが新しい時代に向けたアイデアで、日本のドラマを変えたい気持ちが伝わってくる、とても攻めている作品の印象です。役者のアイデアをとても聞いて下さるスタッフチームなので、自分の個性を振り絞って頑張りたいです。

<桜井日奈子 コメント>
長くシーズンが続く人気な作品に出演できることがとても嬉しいです。私が演じる宮木伊織は、猟奇的な一面を持ったキャラクターです。主演の竹内涼真さんとは、今年上演されたミュージカルで親子を演じました。今回は厳しいサバイバルを生き抜いて来た間宮響と、どういう関係で伊織を演じることになるのか、そこも楽しみです。これまでの主要キャストの皆さんの熱量に負けないように、しっかりサバイバルを生き抜きたいです。ずっとやりたかったアクションにも挑戦させていただけるので、撮影がとても楽しみです。頑張ります。

<須賀健太 コメント>
Season1の1話をリアルタイムで見ていて、「すごい作品だ……」と思ったのを覚えています。作り込まれた世界観には、スタッフやキャストの方々の「日本でもこのクオリティのゾンビドラマができるんだぞ!」という心意気を感じていました。だから、Season3から新しいエッセンスとして加わることができて嬉しい気持ちと同時に「こりゃ撮影大変だろうな……」という気持ちも……(笑)。Season3は、台本を読ませて頂いている段階から「次はどうなるんだろう!?」というハラハラ感がたまりませんでした! 壮大なスケールのこの作品に馴染みつつも、新しい刺激になれるよう頑張ります! そして、レギュラーの皆さんに置いてかれないように喰らい付いていこうと思っています! あと……早くゴーレムと写真撮りたいなぁ……(笑)。

<和田正人 コメント>
海外ドラマを彷彿させるような、スケールの大きい世界観に没入できる喜びを噛み締めています。未曾有のパンデミックに見る人間模様のリアルが、まさにコロナ禍の現実とリンクしており、作品の端々から人間の本質を描くことを使命としているような本気の熱量を感じます。自分という人間がそこに巻き込まれたらどうなるのか? 逃げたい気持ちを堪えて、必死に演じたいと思います。