福原遥“幸”、A.B.C-Z橋本良亮“元カレ”からプロポーズ

福原遥“幸”、A.B.C-Z橋本良亮“元カレ”からプロポーズ

福原遥が主演を務めるプラチナイト モクドラF『アンラッキーガール!』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~※一部地域を除く)の第6話が、11月11日に放送。橋本良亮A.B.C-Z)が、福良幸(福原)の元婚約者・志皇秀忠役でゲスト出演する。

とにかくツイてなさすぎる、“世界一不運”な3人のオンナたちが、次々とトラブルに巻き込まれながらも、幸せを掴もうと奮闘していくアンラッキーコメディ。脚本は、コントユニット・大人のカフェ伊達さん(『推しの王子様』『おじさまと猫』)、モラル(『極主夫道』『クレヨンしんちゃん』)などによる1話完結の完全オリジナル作品。また、語りをバカリズムが務め、登場人物の名前、生年月日、部屋の間取りなど、人気占い師・シウマが占った内容がドラマに反映されている。

前回第5話では、幸、綾波樹(高梨臨)と朝倉香(若月佑美)の宅飲みシーンが、ネット上で「この3人宅飲みずっと見てられる」「この3人は素直に幸せになってほしい」と話題になっていた。

第6話で登場する秀忠は、幸が3年前に婚約していた元カレ。イケメンで、資産家の御曹司で、貿易会社の役員というハイスペック男子だ。フランス支社に勤務しているが、一時的に帰国しており、幸と2人で食事をすることに。2人はある理由で別れてしまっていたのだが、秀忠は「一緒にフランスに来てほしい」と再びプロポーズ。しかし、幸は動揺し、すぐに返事をすることができず……というストーリーが展開する。

また、同話では、幸の衝撃の過去も明らかに。「幸運になること=恐怖」と考える幸に、一体何があったのか?

<第6話あらすじ>
ある朝、悪夢を見て目覚めた福良幸(福原)は、不安な気持ちを朝倉香(若月)と綾波樹(高梨)に語る。3人の話を聞いていた指宿恵徳(生瀬勝久)は、夢占いをする。夢の内容から、樹は現実逃避願望、香は桜田卓海(板垣瑞生)への未練を指摘される。幸は、悪夢の最後に3年前に別れた元婚約者の秀忠(橋本)が出てきたと打ち明ける。香と樹は、幸が婚約していたと聞いてビックリ。指宿は、予知夢かもしれないと告げる。

指宿の占い通り、秀忠から連絡が来て、幸は彼と再会する。資産家の御曹司で貿易会社に勤める秀忠は、駐在するフランス支社から一時帰国していた。幸は秀忠に、一緒にフランスに来てほしいと再びプロポーズされる。幸は動揺し、すぐに返事をすることができない。

幸は、香と樹に相談する。幸に幸せになってほしいと願う香と樹は、なぜ幸が喜んでいないのか、不思議でならない。樹は、やっと巡ってきた幸運をしっかりつかむようにと背中を押す。

そんな中、樹は、福良重流(丸山智己)と会う。重流は幸と秀忠が再会したと知り、幸のことを心配する。樹は重流から、幸にまつわる3年前の衝撃の出来事を聞かされる。

樹と香は幸に、自分たちにも幸運が訪れたと報告。樹は就職が決まり、香は婚活アプリで新しい恋人を見つけたという3人とも幸せになれると、はしゃぐ樹と香。戸惑う幸をよそに、樹は3人の幸運をお祝いしようと言い出す。3人はお祝いと称して、秀忠も誘って食事をすることになるが、幸運になったはずの3人には再び不運の連鎖が……!?

PICK UP