“ハンバーグ師匠”井戸田潤、ロケでスベりすぎてキャラ崩壊

“ハンバーグ師匠”井戸田潤、ロケでスベりすぎてキャラ崩壊

井戸田潤スピードワゴン)が、11月9日に放送された千鳥ノブ大悟)の冠番組『千鳥の相席食堂』(ABCテレビ、毎週火曜23:17〜 ※関西ローカル)に出演。「ハンバーグ師匠」としてロケをするも、あまりのグダグダな展開にノブが「ひとキャラ死にました」とさじを投げる一幕があった。

「肉SP」と題する今回は、ファンキー加藤FUNKY MONKEY BΛBY’S)がブランド肉の宝庫である鹿児島県霧島市を、井戸田が米沢牛で知られる山形県米沢市を訪問。井戸田は「ハンバーグ!」と決めポーズで勢いよく登場するが、千鳥は「驚きもなかった」「いま逆に一番弱い」と苦笑い。「(VTRを)止めないです、ほぼ」と冒頭からあきらめムードになる。

「山形ではハンバーグ師匠の知名度どうなんですかね」と、井戸田は親子に話しかけようと近づくが、子供のもとに集まっていたハトを一斉に散らしてしまい、気まずい雰囲気に。その後も神社の宮司に「俺だよ俺! ハンバーグだよ!」とアピールするが、まったくのノーリアクションで迎えられる。

その後も「ハンバーグ師匠」を貫く井戸田だったが、出会う人々のリアクションはことごとく微妙で、「全然うまくいかない」と弱音をポツリ。気を取り直して米沢牛を使った料理の食レポに臨むもハイテンションなキャラがずっと空回りし続ける。すると千鳥は、テーブルにビールと赤ワインが置かれているのを発見。ノブは「こんな出来で酒飲んどんな」とツッコみ、大悟も「酒に逃げ出したんだ」と呆れ顔を浮かべた。その後、牧場を訪れた井戸田にある悲劇が起こる。

すっかり破れかぶれとなった井戸田のロケにノブは、「ひとキャラ死にました」とさじを投げ、大悟も思わず合掌する。

次回は11月16日に放送。ハイヒールリンゴ月亭八光が相席旅を繰り広げる。