鈴木伸之“辻村”、医療過誤で訴えられる

公開:

窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第6話が、11月8日に放送される。

2019年に放送された『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編で、写真には必ず“真実”が写ると信じている天才放射線技師・五十嵐唯織(窪田)を主人公に、放射線科“ラジエーションハウス”に属する、患者の病やけがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く。

先週放送された第5話では、ラジハメンバーの浴衣姿に反響が。ネット上では「唯織くんかわいかった」「ばっさーとアリスちゃんの浴衣かわいい」「(本田の)綺麗なうなじ最高」などの声が。また唯織と杏のぎこちないやりとりに「2人可愛すぎ」「目を合わせられない2人可愛すぎる」とのコメントがあった。

<第6話あらすじ>
甘春杏(本田)をめぐる五十嵐唯織(窪田)と辻村駿太郎(鈴木伸之)の静かなバトルが続いていた。ある日、辻村は、唯織の目の前で杏を誘い、一緒にランチに出かける。すると院長の灰島将平(高嶋政宏)から、至急戻るよう連絡が入る。辻村が、医療過誤で訴えられたのだ。

武藤健(片寄涼太)
武藤健(片寄涼太)

同じころ、ラジエーションハウスでは、田中福男(八嶋智人)が男性患者のMRI検査を行っていた。その様子を見ていた軒下吾郎(浜野謙太)は、自分が撮り直すといって患者・武藤健(片寄涼太)の許可をもらい、再検査を行う。実は、辻村を医療過誤で訴えたのは、この武藤という弁護士だった。武藤は、精密検査を受けるという形で甘春総合病院に入り込み、スタッフの仕事ぶりや設備をチェックしていた。

武藤は、辻村が重大な病気を見逃した、とだけ告げると、思い当たることがあったら連絡してほしいとラジハメンバーたちに頼む。エリートである医師は過ちを認めず、保身のためには隠ぺいにも手を染めるものだと決めつける武藤。ラジハメンバーのもとを訪れたのも、地位や名誉とは無縁のスタッフならば本当のことを話してくれると信じているからだという。自分たちを見下すような武藤の発言に不快感を抱く広瀬裕乃(広瀬アリス)や黒羽たまき(山口紗弥加)たち。そんな武藤には、医師たちを敵視するある理由があり……。

第6話シーンカット
第6話シーンカット

画像ギャラリー