山下美月“怜子”の弱った姿が「生々しい」

山下美月“怜子”の弱った姿が「生々しい」

濱田岳山下美月乃木坂46)によるドラマプレミア23『じゃない方の彼女』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)。11月1日に放送された第4話では、野々山怜子(山下)の弱った姿に、ネット上で「生々しい」という反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、秋元康が企画・原作を手掛けた完全オリジナルストーリー。クラスの主役じゃない方、モテない方など“じゃない方”の立場として人生を過ごしてきた男性が、妻“じゃない方の彼女”と、道ならぬ恋の沼へと沈んでいく姿を描く。

怜子から突然キスをされた小谷雅也(濱田)は、その日から怜子のことが頭から離れない。「逃げていてはダメだ」と決意し、「きちんと話をしよう」と怜子にメッセージを送る。しかし、ちゃんと話も出来ない中、雅也の妻・麗(小西真奈美)が偶然にも怜子と接触してしまい……。

雅也は、怜子と話すタイミングが掴めず悶々とする。何度もメッセージを送るが返事が来ず、途方に暮れていると、怜子が風邪を引いたという噂を聞き、お見舞いに行くことに。「お願いがある」と言われ家に上がり込んでしまった雅也は、今朝、妻から「好物を作って待ってる」と言われたにも関わらず、夜遅くまで怜子の看病をするのだった。

いつもニコニコしている怜子の弱った姿が見られた今回。SNS上では「怜子のいろいろな表情が見られて良かった!」「弱った怜子、生々しい」「こんな姿見せられたら、看病しちゃうよ」といった声が見られた。

次回、第5話は11月8日に放送。雅也と麗の夫婦の絆に亀裂が入る。