櫻井海音“瀬那”&大原櫻子“千歳”の関係に進展?

藤代瀬那(櫻井海音)、冴島千歳(大原櫻子)
藤代瀬那(櫻井海音)、冴島千歳(大原櫻子)

大原櫻子が主演を務めるドラマ『つまり好きって言いたいんだけど、』(テレビ東京系、毎週水曜24:40~)。10月27日に放送された第4話では、藤代瀬那(櫻井海音)に対して「素直になれよ」というメッセージがSNS上に寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

売上部数60万部を突破した円城寺マキの同名漫画を実写ドラマ化した本作は、新人マネージャーとイケメン俳優の「好きになっちゃいけないのに……」という“焦れキュン”が描かれる禁断のゴシップラブストーリー。幼い頃から「嘘が大嫌い」で、突如新人マネージャーとなった主人公・冴島千歳を大原、ブレイク寸前の注目俳優・藤代瀬那を櫻井が演じる。

冴島千歳(大原櫻子)
冴島千歳(大原櫻子)

瀬那に「最後に一杯だけ」と言われ、酒を飲み交わした千歳。翌朝、2人は下着姿でベッドで添い寝しており、千歳は大混乱。一線を越えたと瀬那から伝えられ、悔やむ千歳。“同居もマネージャーも続けること”を条件に口外しないと瀬那に約束させる。

負い目を感じながらも同居を続ける千歳。そんな中、事務所の看板若手女優・栗尾あゆみ(松井愛莉)が突然瀬那の家にやって来る。「前から瀬那くんのこと、気になっている」と瀬那に迫るあゆみ。瀬那は上手くかわし、その日は何もなくあゆみは帰っていくのだが、瀬那とあゆみが2人で会っていたとスクープされてしまう。

看板若手女優・あゆみ(松井愛莉)
看板若手女優・あゆみ(松井愛莉)

俳優にとってスクープは命取りだと知った千歳。やはり瀬那との同居を解消し、マネージャーを辞めることを決意するが、実は一線を越えたというのは嘘で、千歳にマネージャーを続けて欲しいという思いからの嘘だったと瀬那は告白。「やっと藤代さんの本音が聞けたきがする」と千歳は泣きながら喜び、マネージャーを続けるとやる気を入れ直す。しかし、翌日、事務所で瀬名の担当を変えると伝えられ……。

冴島千歳(大原櫻子)、藤代瀬那(櫻井海音)
冴島千歳(大原櫻子)、藤代瀬那(櫻井海音)

これまでも、千歳にマネージャーを続けさせるため色々な嘘をついてきた瀬那。SNS上では、「瀬那、素直になれよ!」「素直に言えば、ちーちゃんもわかってくれるのに」などの感想がつぶやかれていた。

次回、第5話は11月3日に放送。原真知子(佐藤江梨子)のもとで仕事の基礎を学ぶべく、千歳はあゆみの担当となる。

画像ギャラリー