草薙航基&後藤拓実、70万円スイートルームで“最強ドミノ倒し”作り

草薙航基&後藤拓実、70万円スイートルームで“最強ドミノ倒し”作り

草薙航基宮下草薙)と後藤拓実四千頭身)による旅番組『ハネノバス』(日本テレビ、毎週火曜25:59~※関東ローカル)。10月26日は「横浜ドミノ旅」の未公開シーンも含めた完全版が放送された。

同番組は草薙と後藤が、気心知れたスタッフ2人とプライベートのようにハネを伸ばしながら旅をするロケバラエティ。今回の舞台となるのは、横浜ランドマークタワー内に位置する横浜ロイヤルパークホテル。66階にある一泊約70万円もするロイヤルスイートルームに案内された2人は、その部屋の豪華さや見える景色に「すげえ!」を連呼し大興奮する。

ここで彼らは、4000個のピースを使った“最強のドミノ倒し”を作ることに。絨毯地の床に苦労し、ミスしては絶望でうなだれる2人。これまでもいろいろな番組で、さまざまな芸能人たちがドミノに挑戦。その中で、仲が良い間柄でも険悪なムードになるというのがお決まりだが、草薙は「ドミノで面白いのはケンカだけじゃないってことを教えてあげますよ」と何故か自信満々にコメントする。

そんな草薙の言う通り、ケンカすることなく、イラつけば大声を出して発散するというやり方でスムーズに進行。この時点でピースは1500個使い切っており、残り2500個を並べれば完成となる。しかし、順調かと思われた「横浜ドミノ旅」だが、ゴールにかけてさらなる試練が待ち受けていた。

SNS上では、「70万円の部屋で普通ドミノする?笑」「ミスする度にこの世の絶望みたいな顔するの面白い」「ケンカせずゆるっとした雰囲気なのが良い」といった感想が見られた。

次回11月2日は、「横浜ドミノ旅」完全版の後編が放送される。