杉咲花“ユキコ”と杉野遥亮​​“森生”、身長差ハグに「たまらん」

ユキコ(杉咲花)、森生(杉野遥亮)
ユキコ(杉咲花)、森生(杉野遥亮)

杉咲花が主演を務める水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第3話が、10月20日に放送。ネット上では、赤座ユキコ(杉咲)と黒川森生(杉野遥亮)の身長差ハグに胸キュンする声が多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、勝ち気だが恋には臆病な盲学生の女の子と、喧嘩上等だけど根は純粋なヤンキー2人による笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディ。光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校生・ユキコと、喧嘩っ早いが純粋な不良少年の森生。運命の出会いをした2人はお互いの事を理解し、惹かれ合っていく。

誠二(岸谷五朗)、ユキコ(杉咲花)、イズミ(奈緒)
誠二(岸谷五朗)、ユキコ(杉咲花)、イズミ(奈緒)

高身長の森生の声が聞き取りづらい場面に何度も遭遇したユキコ。森生は彼女に赤いヒールをプレゼントして身長差を埋めようとしたものの、すぐに彼女にとって“危ないもの”を渡してしまった……と落ち込んだ。ユキコは森生の気持ちが嬉しかったが、森生のことをよく思っていないイズミ(奈緒)がヒールを捨ててしまう。

イズミの過剰な干渉に嫌気が差したユキコは、イズミに本音をぶつける。お互いの思いが交錯し、結果的に喧嘩になってしまった。

一方、森生は金沢獅子王(鈴木伸之)が定職についたと知り、自分も就職すると意気込む。面接をするが、“黒ヒョウ”のことや顔の傷のことが原因でどこも採用してくれない。ある日、スタッフを募集しているレンタルビデオ店へ。ユキコと店に入った際の妄想をしていると、困っている年配の女性がいてフォローする形に。それを見ていたのは獅子王。じつは、この店の店長だったのだ。

獅子王(鈴木伸之)、森生(杉野遥亮)
獅子王(鈴木伸之)、森生(杉野遥亮)

彼から、客目線に立って行動ができる森生が必要であり、スタッフとして受け入れたいとの打診が! 早速、ユキコに連絡。“おせっかい”で仕事を得られたとの報告を聞いたユキコは、“おせっかいに感謝”とまだ喧嘩中の姉のもとへと向かう。

ユキコはイズミと共に洋服店へ。姉には外から見守ってもらい、初めて自分一人で店へと入った。イズミは彼女の姿を見て涙。ユキコが変わったのは森生のおかげと改めて感じたのだ。そんな姉にユキコは言う。「でも私が強くなれたのはお姉ちゃんのおかげだよ」。

その後、新しい洋服とヒールを履いてレンタル店へ。フラフラでこけそうになる彼女を森生が支え「ユキコさん。俺の声届きますか?」と抱きしめる。給料が入ったら新しい靴をプレゼントするという彼に、ユキコは「この靴は黒川の声を聞くためなんだよね? じゃあこれでいいじゃん」とポツリ。彼女の「これ履くときはいつもいてくれるんでしょ?」という言葉に、森生はさらにギュッと抱きしめて涙した。

ネット上では、姉妹の喧嘩の結末と森生とのハグに「身長差ハグ眼福」「身長差たまらん」「姉妹愛泣けた」とのコメントがあった。

次回は10月27日に放送。森生に触発されたユキコはアルバイトを始める。

画像ギャラリー

PICK UP