浜野謙太“軒下”の男気あふれる行動が話題!「泣かされた」

公開:

窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』​​(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第3話​​が、10月18日に放送。ネット上では、軒下吾郎(浜野謙太)の男気あふれる行動に注目が集まった​​(以下、ネタバレが含まれます)。

2019年に放送された『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編。写真には必ず“真実”が写ると信じている天才放射線技師・五十嵐唯織(窪田)を主人公に、放射線科“ラジエーションハウス(通称:ラジハ)”に属する、患者の病やけがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く。

整形外科医の辻村駿太郎​​(鈴木伸之)​​から、甘春杏(本田翼)に告白したことを明かされた唯織。「僕の方が1歩リードです」と煽られて動揺する。

軒下(浜野謙太)
軒下(浜野謙太)

そんな中、軒下は、​​マッチングアプリで知り合った宮本すみれ(堀田真由)と病院でばったり。昨日、デートをドタキャンされたばかりだが、彼女曰く、幼馴染で骨折中の荒井和真(萩原利久)​​の付き添いのために、断る形になったという。すみれから埋め合わせのデートの誘いがあって軒下は有頂天。ディナーを楽しんだ。

翌日、すみれが、背丈や雰囲気が似ている田中福男(八嶋智人​​)と軒下を間違えたことが発覚。彼女の行動に違和感を覚えていた唯織は、すみれが人の顔を認識できないのではと疑う。すみれから症状を聞き、相貌失認の疑いがあるため、脳の検査を勧めようと軒下に提案。しかし、彼は、すみれの病気が治ったとき、自分の顔を見ても好きでいてくれるのか、と不安に襲われる。

唯織(窪田正孝)はすみれ(堀田真由)が抱える病を見抜く
唯織(窪田正孝)はすみれ(堀田真由)が抱える病を見抜く

人の顔が区別できないことから、夢だった教師を休職していたすみれ。和真が彼女のことを思い続けていること、すみれ自身も児童の特徴を覚えようとひたむきに努力していたことを知った軒下は、彼女の背中を押すことを決意。もしも治らなかったら、と不安に襲われるすみれに対し「自分の症状と向き合うことで、改善していく方法が見つかると思うんです。大丈夫。完璧な写真撮ってみせますから」とぶつけた。

手術は無事に成功。しかし、軒下はすみれを前にしても名乗り出ることはしない。しかも、和真をサポートする動きまで……。その行動にはある理由があった。

その頃、杏は断る方向だった辻村の告白について「一度考える時間がほしい」と返答。辻村はガッツポーズをして喜ぶ。

ネット上では、軒下の行動に「かっこいい」との声が。「泣かされたな~」「マジでしびれた」「幸せになってほしい」とのコメントがあった。

次回第4話は10月25日に放送。黒羽たまき(山口紗弥加)の母・るり子(中田喜子)が突然訪ねてくる。​​

画像ギャラリー