杉野遥亮​​“森生”、杉咲花“ユキコ”へ不器用すぎるアプローチ

杉野遥亮​​“森生”、杉咲花“ユキコ”へ不器用すぎるアプローチ

杉咲花が主演を務める水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第1話が、10月6日に放送。ネット上では、黒川森生(杉野遥亮)の真っ直ぐさに、心打たれる人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、勝ち気だが恋には臆病な盲学生の女の子と、喧嘩上等だけど根は純粋なヤンキー、ある日出会ってしまった運命の2人による笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディ。光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、喧嘩っ早いが純粋な不良少年の森生。運命の出会いをした2人はお互いの事を理解し、惹かれ合っていく。

赤座ユキコ(杉咲花)、黒川森生(杉野遥亮)、緑川花男(戸塚純貴)、桃井草介(堀夏喜)
赤座ユキコ(杉咲花)、黒川森生(杉野遥亮)、緑川花男(戸塚純貴)、桃井草介(堀夏喜)

ユキコ​​は、点字ブロックを頼りに学校に向かっていた。すると、道を塞ぐように不良少年の森生たちの姿が……。白杖(視覚障害者が歩く時に使う杖)で注意すると、森生が白杖を掴んできた。ユキコが反射的に股間を蹴り上げたため、森生はノックアウト。顔の傷を心配した彼女に、ペタペタと顔を触られ、覗き込まれると、恋に落ちてしまった。

赤座ユキコ(杉咲花)、黒川森生(杉野遥亮)
赤座ユキコ(杉咲花)、黒川森生(杉野遥亮)

それからというもの、ユキコの通学を毎朝見守るようになった森生。「姉貴と呼ばせてください!」と願ったり、便箋20枚に渡って書いた手紙を渡そうとしてきたものの、自分の配慮のなさに気づいて謝罪したり……ユキコは勝気な性格で突っぱねつつ、“からかわれているだけ”だと感じる。

そんなある日、点字ブロックの上に置かれていた自転車に、白杖が引っかかってしまい折れてしまった。そこで、近くにいた森生の肘をもって誘導してもらうことに。そしてまた彼に手紙を渡された。今度は大きな文字で書いたという。

翌日、またも通学のお供にやってきた森生に、昔は公園の花畑に行っていたが、最近は行けていないと明かす。多くを語らなかったが、そこには点字ブロックを塞ぐように多くの自転車が違法駐輪されていた。

帰り道、同じ場所を姉のイズミ(奈緒)と歩いていると、森生が自転車泥棒をして警察に捕まったという情報が入る。ショックを受けるユキコだったが、それは誤解。点字ブロック上にある違法駐輪の自転車をどかそうとしていただけだったのだ。そのことを知ったユキコは、彼の手紙の封を初めて開ける。そこには大きく「恋です」の文字が!

いてもたってもいられなくなったユキコは、初めて彼と会った場所で、森生を探す。街ゆく人に声をかけるが、みな知る由もない。途方に暮れてベンチに座り込むユキコ。隣に座ってきた人に、森生の特徴を述べ「顔に傷があって、あ、でも全然怖くないんです。ただ、ものすごく不器用で、口下手なだけで、本当は全然悪いヤツじゃないんです」と伝える。すると、泣きじゃくる声が。その人こそ森生だったのだ。

2人はマリーゴールドが咲く花畑へ。彼は「俺とは関わらない方がいいです」「俺とユキコさんじゃ住む世界が違うじゃないですか」という。森生が伝えてきたある言葉にユキコはハッとする……。

ネット上では、初回から感動したという声も多く「コミカルながら大事なことを学べる気がする」「森生の不器用な恋を応援していきたい」「黒川泣いたとこで私も泣いた」​​とのコメントがあった。

次回は10月13日に放送。ひょんなことから、ユキコと森生は映画デートに向かう。

画像ギャラリー

PICK UP