マツコ、夏目三久へはなむけの言葉「幸せになることへの恐怖を…」

マツコ、夏目三久へはなむけの言葉「幸せになることへの恐怖を…」

9月30日をもって芸能活動を終了した夏目三久が、同日放送された『マツコ&有吉 怒り新党 解散!! 生放送スペシャル』(テレビ朝日系)に出演。マツコ・デラックス有吉弘行との最後の共演を果たした。

生放送パートのほか、懐かしい特選回の総集編、この日の2日前に収録したという、視聴者からの怒りメールについてトークしたVTRなどが放送された。

マツコは「(有吉が)世の中にケンカ売るみたいに復活して、私は地下から這い上がってきて。私みたいにケンカを売り続けるような人間がいてもいいけど、天下を取り、綺麗な女房を持ってね。(有吉が結婚することで)幸せになることへの恐怖みたいなものを和らげてくれた」と感慨深げ。

どこかで“幸せになってはいけない”という気持ちが働くものの、有吉が幸せになってもいいものだと身をもって証明してくれた。「有吉弘行の価値を落とすことなく幸福になったというのは、私の望みですよ。夏目ちゃんとはこれが最後ですけど、これからも亭主とこんな感じでやらせていただきますわ」と語りかけた。

番組終盤の生放送パートでは、最後のメールと題し、夏目が「マツコさんは昔も今も変わらず、私のずっとずっと前を走り続け、その背中で私を鼓舞し続けてくれました。『勝手なこと言わないでよ!』とおっしゃるかもしれませんが、私にとっては恩人であり、道標であり、大好きな先輩であります。本当にありがとうございました」と目を潤ませながら思いを読み上げた。

マツコは感動したそぶりは見せたものの「全然、涙って出ないのね!」とコメント。有吉も「なんで泣かないの!」とツッコミを入れて笑いを誘っていた。

ネット上では、最後となった3人のトークに感動の声が続出。「泣いた」「マツコさんも幸せになって​​」「貰い泣きした」「有終の美」とのコメントがあった。

画像ギャラリー

PICK UP