くりぃむ有田哲平、相方・上田晋也の“知ったかぶり”を称賛

くりぃむ有田哲平、相方・上田晋也の“知ったかぶり”を称賛

有田哲平くりぃむしちゅー)が、9月26日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)の最終回に出演。16年半にわたって番組のMCを務めた相方・上田晋也に、有田ならではの言葉で労った。

上田のガチサプライズゲストとして有田が出演すると、上田は「何でおしゃれじゃない上田が『おしゃれイズム』に出てるんだ」と番組開始当時から有田が一番ネタにしていたと吐露。それに対し有田は、おしゃれというのは同じくMCの藤木直人森泉を指す言葉だとし、上田は私服のセンスもないと言い放つ。

さらには、「最終回だからぶっちゃけますと、出てくるゲストのことなんか何一つ知らないんだよ。今まで何人のゲストが来たか知らないけど9割くらいは知らないから。見ていてわかるもん」と指摘。すると藤木も、「知ってる風がめちゃくちゃ上手だなって」と便乗。有田は「上田は司会がうまいとは思わなくて、上田は知ったかぶりがうまい」と称えた。

また、同番組で思い出に残っているシーンはあるかと尋ねられた有田は、上田が「『ロッキー』の撮影じゃないのよ?」と例えツッコミをして誰も笑っていなかった放送回だと返答。当時のVTRも放送され、該当シーンを何度も流し全員で徹底分析した。

実はこのシーンが、ラジオ『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』をやっていた当時、ファンの間では伝説的な名シーンとして話題になっていたたため、SNS上では「笑った」「ありがとうおしゃれイズム!」「テレビ史に残る伝説」「初めて見られた」といった声が上がり、『ロッキー』がトレンド入りする盛り上がりを見せた。