実写映画も話題!アニメ『さんかく窓の外側は夜』独占配信決定

公開:
『さんかく窓の外側は夜』キービジュアル
『さんかく窓の外側は夜』キービジュアル

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、アニメ『さんかく窓の外側は夜』が、10月3日(日)22時から独占配信されることが決定。以降、毎週日曜22時に最新話が配信される。

原作は、累計発行部数200万部を突破した、ヤマシタトモコによるベストセラーコミックス「さんかく窓の外側は夜」(クロフネコミックス/リブレ刊)。今年の実写映画化に続いて、ついに今秋テレビアニメ化される。

ある日、昔から不気味なモノを視ることができる書店員・三角康介(CV.島崎信長)は、偶然出会った除霊師の冷川理人(CV.羽多野渉)にその才能を見い出され、無理やり心霊探偵コンビを組まされてしまう。彼との出会いを運命だと言う冷川は三角に執着し、三角は情緒不安定で危うげな冷川を放っておけなくなっていく……。そんな中、ある事件をきっかけに、霊的なことを一切信じない刑事・半澤日路輝(CV.三上哲)、占い師の迎系多(CV.斉藤壮馬)、各所に「呪い」を作る謎の少女・非浦英莉可(CV.安済知佳)が登場し、2人の運命を巻き込んでいく。冷川と三角の凸凹バディが織りなす、不思議で妖しく少し切ないホラーミステリー。

『さんかく窓の外側は夜』場面写真
『さんかく窓の外側は夜』場面写真

<Introduction>
昔から不気味なモノを「視て」しまう体質の三角康介は、偶然出会った除霊師・冷川理人にその才能を見い出され、心霊探偵コンビを無理やり組まされてしまう。
「これは運命の出会いですよ」三角に執着する冷川と、危うげな冷川を放っておけない三角。数々の事件を解決していくなか、浮かび上がる“運命”の真実とは──。

画像ギャラリー