女子プロサッカー・WEリーグ初代チェアの岡島喜久子が語る成功のカギ

女子プロサッカー・WEリーグ初代チェア・岡島喜久子
女子プロサッカー・WEリーグ初代チェア・岡島喜久子

9月12日に開幕する女子プロサッカー・WEリーグの初代チェアに就任した岡島喜久子が、9月4日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。WEリーグを盛り上げるための取り組みや現時点での課題などをテーマに、番組MCの勝村政信や解説の中澤佑二らとトークを繰り広げる。

全11クラブが参加し、9月から翌年の5月まで秋春制で行われるWEリーグ。しかし、海外選手との実力差や認知度の向上など、解決するべき課題も少なくない。番組では、WEリーグの陣頭指揮を執る岡島をスタジオに迎え、番組の公式SNSに寄せられた視聴者からの質問や意見に答えていく。

岡島は、WEリーグの今後の展望に関する質問に対し、スタジアムにおけるサッカー以外のコンテンツの強化や、サッカー少女が試合を観に来てくれるための企画など、日本女子サッカーの未来につながる施策について説明。また、以前番組に出演した日向坂46影山優佳がライト層のファン獲得のためのアイデアについて、実際にWEリーグ側で実現に向けて動いている取り組みについても解説する。

さらに、サッカーを通じた多様性や一人ひとりが輝く社会の実現などを理念に掲げるWEリーグに対し、「理念ありきの紹介だと面倒くさいリーグだと思われそう」という厳しい指摘も。岡島は、WEリーグが理念を重視する理由を語る。

その他、番組ではJリーグの村井満チェアマンや、バスケットボールBリーグの島田慎二チェアマンからのメッセージを紹介。番組の最後にはTUBEのギタリスト・春畑道哉が手掛けたWEリーグのアンセムも披露される。

PICK UP