小関裕太“松田”&内田理央“桃江”の危うい距離感に「ついに一線超えちゃうの?」

松田健(小関裕太)、桃江(内田理央)
松田健(小関裕太)、桃江(内田理央)

内田理央が主演を務めるドラマ『来世ではちゃんとします2』(テレビ東京系、毎週水曜24:40~)の第4話が、9月1日に放送。SNS上では内田演じる大森桃江と小関裕太演じる松田健の危うい距離感が話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、「グランドジャンプ」に連載中のいつまちゃんによる人気漫画が原作で、2020年にドラマ化された『来世ではちゃんとします』の続編。内田が演じる、5人のセフレがいる性依存系女子・大森桃江の赤裸々なエロラブストーリーが展開する。

セフレ・Eくん(おばたのお兄さん)との同棲報告に盛り上がる桃江と高杉梅(太田莉菜)の前に同僚の檜山トヲル(ラバーガール飛永翼)がオカメインコを拾って帰ってきた。松田(小関)は「飼い主を見つけるまで、自分が面倒を見る!」と大喜び。

その後、松田はインコを“トッテ”と名付けて可愛がり、デレデレ状態の日々。Eくんとの同棲を解消していた桃江は、日常生活で誰かがいる幸せを味わってしまったからか、松田と共にトッテを見ながら「かわいいねぇ、そばにいる存在って大事だよねぇ」とぽつり。

するとトッテが突然携帯番号をつぶやいた。一同が飼い主に連絡しようとする中、松田だけは全力で拒否。その様子を見た桃江は、自ら電話する役を買って出たものの、存在しない番号だと告げると慌てて電話を切った。しかし松田はそれが桃江がついた嘘だと気付いており「大森さんのやさしさに勇気をもらった」と、松田はトッテを返す覚悟を決めた。この時、そばにいたEくんが出て行ってしまった後の寂しさを痛感していた桃江は、松田に同情し、一緒に返しに行くことにした。

トッテを返した後、焼き肉屋を訪れた桃江は、トッテを失った松田に「最近私も同棲解消して寂しいんだ……」と口をついて出てしまった。我に返った桃江は、どうにか危うい雰囲気を回避しようとするが、松田との甘い妄想が膨らんでしまい、深みにはまる一方。すると、松田は桃江の手を握り「あのさ、家で飲みなおすっていうのはどう?」と家に誘ってきた。

SNS上では、微妙な間柄の桃江&松田に話題が集中。「ついに一線超えちゃうの?」「早くくっついて!」「このドキドキのまま来週まで待てない!」と言ったコメントが見られた。

次回第5話は9月8日放送。隣人がソープ嬢だと知らずに恋していた林勝(後藤剛範)とソープ嬢に恋する檜山、それぞれの恋模様が描かれる。

画像ギャラリー

PICK UP