斎藤工“ヘミングウェイ”、野間口徹“ローゼン”に疑心を抱く

ヘミングウェイ(斎藤工)
ヘミングウェイ(斎藤工)

斎藤工が主演を務める金曜ナイトドラマ『漂着者』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※この日は23:20~/※一部地域を除く)の第6話が、9月3日に放送される。

とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まるこの物語。記憶がなく、自分が何者かもわからない謎の漂着者・ヘミングウェイ(斎藤)が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々から崇められる存在になっていく。

秋元康が本作の企画・原作を担当し、白石麻衣野間口徹戸塚純貴橋本じゅん岩谷健司リリー・フランキー生瀬勝久らが出演する。

前回放送された第5話では、敵からの攻撃を先読みして避けるヘミングウェイの隠された能力に「めちゃくちゃ覚醒してる」「強すぎ」とコメントがあがっていた。

<第6話あらすじ>
幼稚園バスの運転手を殺害し、13人の園児を拉致・監禁していたのは、ヘミングウェイ(斎藤)の婚約者を名乗る謎の女・古市琴音(シシド・カフカ)と外国籍の男女だったことが判明。それと同時に、琴音を監視対象としてマークしていた公安が、外務省からの横やりで撤収させられていたこともわかる。彼女に関するすべてのデータが破棄される中、監視を続けていた刑事によると、琴音の自宅にNPO法人「しあわせの鐘の家」の代表・ローゼン岸本(野間口)が出入りしていたという。

野間健太(戸塚純貴)、柴田俊哉(生瀬勝久)
野間健太(戸塚純貴)、柴田俊哉(生瀬勝久)

刑事・柴田俊哉(生瀬)は、ヘミングウェイが幼い娘が失踪した過去を言い当てたことに激しく動揺しながらも、部下の野間健太(戸塚)とともに、重要参考人としてローゼンを警察に引っ張るため、「しあわせの鐘の家」に向かう。しかし、そこになぜか総理大臣が現れ、あっさり追い払われてしまう。

テレビで総理大臣と公開討論をしてほしいと言われたヘミングウェイは「なぜ記憶もない自分が政治に利用されるのですか」とローゼンに反論するのだが、「むしろヘミングウェイ様が総理を利用するのです」と諭される。ローゼンの狙いが何なのか、まったくわからないヘミングウェイは、彼の正体に疑問を持ち始めるのだが……?

一方、新聞記者・新谷詠美(白石)は、ヘミングウェイが祈る姿が収められた動画を専門家に検証してもらうが、一切細工は施されていなかった。ヘミングウェイのように影響力のある人物が妄信的な人々に向かって何かを発信すると、それは世界を動かすほどの集団催眠になることもあるという専門家の言葉に、詠美はジャーナリストとして確固たる証拠を集めて、この荒唐無稽な話を否定する、と意気込む。しかし、社会部キャップの橋太(橋本)は、何度も危険な目に遭っている詠美を危惧し、すべてを忘れて手を引くよう進言する。

新谷詠美(白石麻衣)
新谷詠美(白石麻衣)

しかし、諦めきれない詠美は、海岸近くの漁村へ……。長年そこで暮らしている老人は、これまでに足首にヘミングウェイと同じタトゥーの入った水死体が流れ着いたことが何度かあると語り始める。

その日の深夜、詠美が自宅で仕事をしていると、突然ヘミングウェイが訪ねてきて……!?

PICK UP