岸優太“深澤”&北村匠海“桜庭”、喧嘩からの仲直りに「愛しい2人」

公開: 更新:

波瑠が主演を務める月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第9話が、8月30日に放送。ネット上では、どちらにも感情移入できる深澤新(岸優太)と桜庭瞬(北村匠海)の喧嘩シーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

救急医療の働き方改革として試験的に結成された夜間勤務だけを専門に行う医療チーム「ナイト・ドクター」が、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでく、完全オリジナルの“青春群像医療ドラマ”。

成瀬暁人(田中圭)
成瀬暁人(田中圭)

深澤の妹・心美(原菜乃華)の容態が急変。一命はとりとめたものの、深澤はしばらく休職して彼女の看病をすることになった。しかし、心美が「臓器提供意思表示カード」に同意書のサインを求めてきたため衝突してしまう。

彼女は、“万が一”のことを考えたとき、ドナーになりたいと思ったと言うが「なんで死ぬことなんて考えてんだよ」「ほかの誰かが生きるために、なんでそんなことする必要があんだよ!」と深澤。レシピエント(臓器移植を受けた人)である桜庭は、兄妹の言い争いを複雑な表情で聞いていた。

心美からサインするまで見舞いを拒否されてしまった深澤は、ひどく落ち込む。そこに桜庭がやってくる。相変わらず、断固同意ができないという彼に、桜庭は「臓器提供の意思表示をするのは、深澤じゃなくて心美ちゃんだろ? もしかしたら、自分のためなんじゃない?」と問いかけた。すると深澤が「そうだよ。自分のために言っているんだよ!」と激昂。兄として妹を守るのは当然だと感情を露わにした。

高岡幸保(岡崎紗絵)、朝倉美月(波瑠)
高岡幸保(岡崎紗絵)、朝倉美月(波瑠)

桜庭は彼の「心美が死ぬのを待っているヤツらが大勢いると思うとゾッとするんだよ」という言葉に「そんな言い方ねーだろ!」とぶつける。2人が掴み合いの喧嘩となると、騒ぎを聞きつけた成瀬暁人(田中圭)らが止めに入った。桜庭は“自分のため”と言ったのは、深澤ではなく、心美のことだと訂正。「心美ちゃんの気持ち、ちゃんと聞けよ」とその場をあとにした。

翌日、自分が休んでいる間、仕事のフォローもしてくれていたと聞いた深澤は、桜庭に謝罪。桜庭も謝りつつ、自分はレシピエントだとチームに明かした。改めて深澤は、心美の話を聞きに行き、ある決意をする。

ネット上では、2人の言い分に心苦しくなる人が多く「どっちも間違えてないからつらい」「いいコンビ」「愛しい2人」「泣いてしまう」との反応があった。

次回は9月6日に放送。雷雨で「あさひ海浜病院」一帯が大規模停電になってしまう。

画像ギャラリー