天海祐希“有希子”、誘拐犯との電話交渉に乗り出す

鬼塚貞一(丸山智己)、菱本進(でんでん)、真壁有希子(天海祐希)
鬼塚貞一(丸山智己)、菱本進(でんでん)、真壁有希子(天海祐希)

天海祐希主演の木曜ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第6話が、8月26日に放送される。

本作は、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の活躍を描く人気刑事ドラマの第4シーズン。天海は叩き上げの取調官・真壁有希子を演じる。

前回放送の第5話では、小池徹平がリモート殺人の被疑者の一人として出演。もう一人の被疑者は人間ではなく“ロボット”という前代未聞の殺人事件の謎をキントリが解くストーリーが展開された。

<第6話あらすじ>
誘拐事件の捜査を担当する警視庁特殊犯捜査係の班長・鬼塚貞一(丸山智己)が朝一番、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に押しかけて来た。なんでも朝5時すぎに財務省勤務の諸星和彦(駿河太郎)から、自宅で寝ていた6歳の息子・翼(有山実俊)が誘拐された、と110番通報があったという。事件発生時刻は昨夜10時近くなのに、なぜ夜明けまで通報を待ったのか。和彦の行動をいぶかしがる真壁有希子(天海)らキントリ・メンバー。

すると、鬼塚は驚きの事実を明かす。犯人はほかでもない、別居中の妻・諸星麻美(瀧内公美)だったというのだ! しかも、いわゆる子供の取り合いなのかと思いきや、事態はもっと切迫していた。和彦によると、麻美はキッチンから包丁を取り出して暴れた挙げ句に息子を連れ去り、その後は連絡も取れず行方不明……。そこで、鬼塚が携帯に架電したところ、麻美は思いつめた声で「息子を返すくらいなら、一緒に死にます!」と言い放ったのだ。

刑事部長・北斗偉(池田成志)は子を持つ母親でもある有希子に、鬼塚と協力し、麻美と交渉するよう命令。「絶対に二人を死なせない」。そう心に誓い、有希子は麻美との電話交渉に乗り出す。ところが、麻美は「もう警察とは話したくない」と言ったきり、有希子からの電話を無視。しかも、有希子が和彦に詳しい事情を確認したところ、もともと翼は麻美と暮らしていたことが判明する。

そんな中、警視庁捜査一課の刑事・渡辺鉄次(速水もこみち)と監物大二郎(鈴木浩介)が連れ去り時の状況を確認するため、自宅へ向かおうとした矢先、“想像をはるかに超えた光景”を目の当たりにし……!?